NFTドメイン企業Unstoppable Domains、88億円の資金調達を完了

評価額は10億ドル

米国のNFT(非代替性トークン)ドメイン発行プロバイダーUnstoppable Domainsは27日、6,500万ドル(88億円)のシリーズA資金調達ラウンドの完了を発表した。

出資ラウンドは暗号資産(仮想通貨)業界大手のPantera Capitalがリード。他にもOKG InvestmentsやPolygon(MATIC)、OKG Investmentsなどを含む15以上の企業などが出資した。

なお、今回の資金調達ラウンドにおけるUnstoppable Domains社の査定額は10億ドル(1360億円)だった。

Unstoppable Domainsは2018年に設立されたNFTドメインのプロバイダー企業。執筆時点での登録ドメインは250万件を超えており、150以上のWeb3アプリや80以上のウォレットや取引所で利用可能だ。

関連:成長産業への巨額投資相次ぐ、暗号資産関連企業の資金調達事例まとめ

GMOとも協業

なお、Unstoppable Domainsは日本国内でもGMOインターネット株式会社と連携して「CryptoName(クリプトネーム) byGMO」をローンチしたばかり。Unstoppable DomainsのNFTドメイン登録を代行するサービスとなっている。

同社はこれまでも「お名前.com」を展開していた実績も有しており、将来的には「国内唯一の独自NFTドメイン登録事業者となること」を目指す方針だ。

関連: GMO、NFTドメインサービスをリリース

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します