エルサルバドル、国債の買戻しを計画 

国債買戻し法案を提出へ

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は27日、国債を買い戻すことを計画していると発表した。これに関連して2つの法案を議会に提出するという。ブケレ大統領は次のように説明した。

2つの法案を議会に提出する。これらの法案の目的は、2023年から2025年を期限とするエルサルバドル国債の保有者全員に対し、それぞれの取引時の市場価格を問わず、透明性があり公的で、自発的な購入提案を行うための資金を確保することだ。

また、「メディアの報道に反して、エルサルバドルは期日までにすべての債務を支払うことができるだけの流動性を有しており、その量は2025年までの自国債務をすべて前払いするにも充分だ」と続けている。

2023年と2025年が期限の国債は、合わせて約2,200億円(16億ドル)発行されている。これをすべて買い戻すかどうかは不透明な状況だ。

国債の買戻しは、諸手続きを済ませた後に6週間後から開始し、市場価格での購入になる予定だという。ブケレ大統領は、エルサルバドル政府が国債を購入し始めれば、「おそらく市場価格は上方に動くだろう」とも推測している。

アレハンドロ・ゼラヤ財務相は、買戻し資金について、国際通貨基金から分配される特別引出権、多国間資金、中央銀行との新たな債券取引などにより調達すると説明した。

エルネスト・カストロ議長によると、法案は8月2日頃にエルサルバドル議会に提出される見込みだ。エルサルバドルは一院制であり、ブケレ氏の所属政党が3分の2の多数を占めていることから、速やかに可決する可能性が高いと予測されている。

現在、エルサルバドルの国債は低水準で取引されている。今回の法案についてはアナリストの間から「もし提案が信頼されれば価格も回復する可能性がある」「下落を抑え、デフォルトの懸念を緩和する効果が大きい」との意見も挙がっているところだ。一方で「時間稼ぎ」である可能性があるとの見方もある。

信用問題に対する懸念

ムーディーズは5月、エルサルバドルの格付けをCaa1からCaa3に引き下げている(投機的とされる圏内でさらに低下)。2023年と2025年に満期を迎える国債を償還する必要があるが、資金調達が順調ではないために、深刻な信用問題が発生する可能性があると指摘した形だ。

エルサルバドルは、世界で初めてビットコイン(BTC)を正式に法定通貨と認めた国である。ビットコイン債による資金調達も計画していた。

エルサルバドルのビットコイン法とは

エルサルバドルのブケレ大統領が推進した法案で、2021年6月9日に議会によって可決された。ビットコインが国の法定通貨として正式に認められる初の事例となった。米ドルと並行する形で、ビットコインを法定通貨として認め、市民がビットコインを全ての決済シーンで利用できることを定めている。

▶️仮想通貨用語集

当初は3月にビットコイン債を発行する予定だったが、6月にウクライナ情勢や仮想通貨の価格変動を考慮して延期している。

ビットコイン債券は、年率6.5%の10年債で、発行量は1,300億円相当を予定。5年間のロックアップ期間があるものの、この間にビットコイン価格が上昇した場合には利益の50%が債権購入者に還元される仕組みだ。

エルサルバドルが公的資金を使って大量にビットコインを購入していることについては、価格下落により財政がひっ迫しているのではないかとも報じられている。

そうした中でも、エルサルバドルの財務大臣はビットコイン価格下落が国家の財政に与える影響は「非常に軽微」と主張。1日に同国はビットコインを再び買い増した。80BTCを約2億円で購入した形だ。

エルサルバドルのビットコイン購入を追跡する「Nayib Bukele Portfolio Tracker」によると、同国は現在2,381BTC(75億円相当)を保有。50%近い損失を計上する状態が続いている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します