bitbank、ポルカドット(DOT)とドージコイン(DOGE)上場へ

新規2銘柄上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankは29日、来週3日より新規2銘柄を追加する方針を発表した。

8月3日より取扱いを開始するのはポルカドット(DOT)とドージコイン(DOGE)。これにより、同取引所の取扱い銘柄は18種類となる。

なお、bitbankは同時に9月より現物取引所におけるBTC建の通貨ペア取扱い終了を表明。詳細は近日中に発表する予定だとした。

関連:どこよりも充実した板取引、仮想通貨取引所bitbankの特徴とおすすめポイントを紹介

銘柄の解説

ポルカドットはイーサリアムの共同設立者であるGavin Wood氏が開発に携わったL2プロジェクト。Web3の普及と、異なるブロックチェーン間の相互運用性の向上を目指している。

DOTトークンは同ネットワークのネイティブトークンとなっている。

関連:初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)とは|仕組みと将来性を解説

ドージコインは仮想通貨黎明期にミーム(meme)を基に作られたプロジェクト。日本出身の柴犬「かぼすちゃん」が元ネタとされている。

ドージコインは21年1月にロビンフッド騒動の一環で、一躍個人投資家の間で投機銘柄として注目を集めた経緯がある。

関連:ドージコイン(DOGE)とは|パロディとして登場した仮想通貨

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します