バイナンスとマスターカード、アルゼンチンで「Binance Card」をローンチ

アルゼンチン初の仮想通貨カード

仮想通貨取引所大手バイナンスは4日、金融大手マスターカードと提携し、南米アルゼンチンで「Binance Card」をローンチすることを発表した。

アルゼンチンはBinance Cardにアクセスする南米最初の国だ。カードは現在ベータ版であり、数週間後により多くのユーザーが利用できるようになる。また、カードは最初ビットコイン(BTC)とBNBに対応する。

ユーザーはBinance Cardを持って、アルゼンチン内で買い物や公共料金の支払いだけでなく、世界の9,000万以上のマスターカード対応のオンライン店舗でも利用ができ、最大8%の仮想通貨還元率を享受できるという。インフレが深刻化するアルゼンチンでは、多くの市民が仮想通貨に資産を預けるようになっている状況だ。

Binance Cardは従来のデビットカードと同じように利用することが可能。Binance Card用のウォレットは、バイナンスの現物取引用のウォレットアカウントとつながっている。2020年にVisa版Binance Cardをヨーロッパでローンチした。

関連アルゼンチン中銀、銀行の仮想通貨商品提供を禁止か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します