Gala Filmが映画制作を発表 アカデミー賞ノミネート歴を持つ制作会社と提携 ニューヨークタイムズ・ベストセラー原作のドキュメンタリー映画

Galaの映画部門がドキュメンタリー映画の制作

ブロックチェーンゲームのエコシステム開発で知られているGala Gamesの親会社、「Gala Entertainment Properties(以下Gala)」が12日、映画制作の着手を発表した。

Galaの映画部門「Gala Film」から、ニューヨークタイムズのベストセラーを原作とした長編ドキュメンタリー映画「FOUR DOWN」を制作することを発表。

映画「FOUR DOWN」は、ニューヨークタイムズのベストセラー「NOT WITHOUT HOPE(Nick Schuyler、Jere Longman著作)」を基にした長編ドキュメンタリーだ。この配給に向けGala Filmは、アカデミー賞にノミネートされた経歴を持つ制作会社「Stick Figure Productions」と提携している。

関連:米国アカデミー賞公認国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022 (SSFF & ASIA)、アワードセレモニーにてレトリックスター製作チーム登壇

Gala Filmとは

Gala Filmは、22年6月に設立されたGalaの映画部門であり、ゲーム部門のGala Gamesや音楽部門のGala Musicと同様に、ブロックチェーン技術やNFT(非代替性トークン)などを活用することにより、従来の方法とは異なった映画制作の手法を取り入れている。

Gala Filmは、以下を特徴として挙げている。

  • より簡単な人材発掘:新興の映画製作者がコンテンツを収益化し初期サポーターを見つけるための新たな機会を提供。
  • 適切な報酬分配:ファンやコレクターが支払う側ではなく報酬を受け取る側に。アーティスト、コレクターおよびプロデューサーへ適切な報酬分配。
  • 知的財産権の保護
  • 相互運用性:映画を作ることにより音楽やゲーム分野でも新たな機会を創出。
  • これまでに制作が発表されているコンテンツには、以下のようなものがある。

  • Ai&Aikoとの提携:480億回以上の再生回数を誇るGIFアーティスト「Ai&Aiko」と提携。創設者Peter Draw氏のビジュアルストーリーテリングをGalaプラットフォームで配信。
  • RAZOR:Exertion3(ブロックチェーン映画制作会社)の創設者で、Netflixの「True Story」などで知られている俳優兼監督のDavid Bianchiと共同制作の実写SFシリーズ。ブロックチェーン上で独占公開。
  • Ghosts of Ruin:ゲームアプリBattle Islandとのコラボレーションで、23年公開予定のアニメシリーズ。ゲームとテクノロジーに焦点を当てており、アニメの中のゲームプレイヤーは、ゲームの中のことを体験できてしまうというディストピア的物語。
  • Making the Chronic:Gala Musicより発売されたSnoop Doggのアルバム各トラックにナレーションをつけた、16本のショートフィルム・シリーズ。
  • VOX Feature Teaser:VOX(NFTで表されたアバター)およびGala Gamesのプラットフォームをテーマにした長編映画。プロデューサー集団「Blue Eyes Entertainment」と協業。
  • 関連:Gala Games、3DCGエンジン開発のUnityと提携 独自メタバースプラットフォームを強化

    Watch to Earnの提供

    Gala Gamesで「Play and Earn(遊んで稼ぐ)」、Gala Musicで「Listen and Earn(音楽を聞いて稼ぐ)」という概念を確立してきたGalaが次に提供するのが、Gala Filmにおける「Watch to Earn(映画を見て稼ぐ)」という新たなエンターテインメントの形だ。

    詳細はまだ公開されていないものの、Gala FilmのWatch-to-Earnメカニズムは、NFT所有者、ノード運営者および映画視聴者の三つの参加者により構成されている。

    関連:Gala GamesがSnoop Doggとコラボ、音楽NFTプラットフォームを開設

    NFT所有者は、脚本の選択やキャスティングに投票するなどして積極的に映画制作に参加でき、映画を見た視聴者から報酬を受け取ることができる。NFTおよびWatch-to-Earnエコシステムを稼働しているノード運営者も同様に、報酬の一部を受け取る権利を有している。Gala Filmのノード(Film Node)用ライセンスは、既にGalaの公式ホームページ上で販売されており、GALAトークンまたはETHで購入可能だ。映画を視聴するだけなら、NFTもノードも不要。

    この仕組みは、ファンとより深い繋がりを構築でき、オーディエンスへ直接映画を提供できるという点から、製作陣やアーティストにとっても有益であると考えられている。

    GalaのCOO、Sarah Buxton氏は、この新たな取り組みについて以下のように語っている。

    Gala Filmの立ち上げは、GalaがリードするWeb3エンターテインメントの新時代の幕開けです。我々のエコシステムは、ファンがユニークな体験を楽しみ、クリエイターに力を与え、その結果報酬を得ることができるような、優れた関与と新しいローンチへのアクセスを提供します。私たちはファンファーストのエンターテインメントを提供し、テクノロジーが参入や楽しみの障壁になることなく、ファンの体験を向上させるために使われることを約束します。

        

    関連:Gala Games、没入型ゲームイベントGalaverseをマルタで開催

    24時間上昇率ランキング(国内)
    24時間下落率ランキング(国内)
    1週間上昇率ランキング(国内)
    1週間下落率ランキング(国内)
    時価総額ランキング(国内)

    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
    「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します