Gala Games、没入型ゲームイベントGalaverseをマルタで開催 新ゲーム3本を発表、「Gala Entertainment Properties」へのリブランディングも

第2回Galaverseが開催

NFTを活用したWeb3エンターテイメントを手がけるGala Gamesは6日、マルタ共和国で没入型ゲームイベント「Galaverse」を開催。

昨年12月のラスベガス開催に引き続き、第2回目となった今回は、6月6日と7日の2日間の日程でブロックチェーンゲームやその他の関連事業の発表およびライブコンサートなどが企画されている。8日には、Gala GamesのYouTubeチャンネルで無料のストリーミングイベントも開催される予定だ。

Galaverse初日となった6日には、「Battlestar Galactica」「GRIT」「Eternal Paradox」の3タイトルが初公開されたほか、Gala Gamesの親会社となる新会社「Gala Entertainment Properties」の設立も発表された。

関連:Gala Games、ラスベガスで大型ゲームイベントを開催

新作タイトル3本が発表

今回発表となった新作ブロックチェーンゲームは、以下の3本だ。

Battlestar Galactica(バトルスター・ギャラクティカ)

出典:Gala Games

Revolving Games、Gala Games、Universal Games and Digital Platformsの3社が開発中の「Battlestar Galactica」は、4X系ストラテジーMMOゲーム。4Xとは、探検・拡張・開発・殲滅の4つの要素を持つストラテジーゲームの1ジャンルだ。

プレイヤーは銀河系に離散した人類のコロニーの生き残りとして船団や所属する派閥を結成し、12のコロニーを取り戻ことが目的。

Galaverseイベントに参加したファンは、72時間限定で宇宙船NFTとコロニー代表NFTを購入することができる特典が与えられている。

GRIT(グリット)

出典:Gala Games

「GRIT」は、西部開拓時代のアメリカが舞台のマルチプレイ・バトルロイヤルゲーム。Unreal Engineを用いたグラフィックスが特徴で、様々な環境で多様な武器を使いこなして銃撃戦に勝ち残ることが目的。ゲーム内ではポーカーの要素も加えられている。

Gala Gamesはイベント中、近日発売予定のGRITのジェネレーティブNFTキャラクター10,000個の特別販売を発表したほか、GRITはEpic Gamesストアで近日公開予定のデモとして紹介され、同プラットフォームにおける初のGala提供ゲームとなる。

関連:Gala Games、ブロックチェーンゲーム「GRIT」を「Epic Games Store」で販売へ

Epic Gamesストアは「フォートナイト」などの人気タイトルを手掛けるEpic Gamesが提供するゲーム配信プラットフォームで、1億9400万人のユーザー数を抱える。

Epic Gamesはリアルタイム3DCG制作ツール「Unreal Engine」の開発でも知られ、4月にはメタバース領域の開発を加速させるため、ソニーグループなどから約2,500億円(20億ドル)の資金調達を実施していた。

関連:Epic Games、メタバース構築を加速 ソニーGらから2,500億円を資金調達へ

関連:ゲーム配信SteamがNFTゲームを排除、EpicはBCゲーム歓迎を表明

Eternal Paradox(エターナル・パラドックス)

出典:Gala Games

「Eternal Paradox」は、「大航海大戦: オーシャン&エンパイア」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「創世記戦」「クロスファイア:ウォーゾーン」などを手がけたNTROi開発による4X系のターン制RPGで、アドベンチャーモード、アリーナバトル、またソーシャルギルドシステムを備える。

ゲーム内ではシーズン制を採用しており、各シーズンの最後に大規模な戦いが繰り広げられる。また、Eternal ParadoxのNFTは、3つの形態で発行が計画されており、それぞれランド、ヒーロー、キャッスルビルディング・スキンとなる予定。

Gala Games、新会社の傘下に

また今回、「Gala Entertainment Properties」という新会社が立ち上げられ、Gala GamesはGala Music、そして新たに設立されたGala Filmsの3社と共に、親会社であるGala Entertainment Propertiesの傘下となることも発表された。

Gala Filmsが始動

Gala初の映画事業となるGala Filmsに関しては、ファンによる脚本の選択やキャスティングへの投票を通じてコンテンツに積極的に参加できるプラットフォームを目指す。またVOXの長編映画(名称未定)、「Making the Chronic」(スヌープ・ドッグがナレーションを担当する短編映画シリーズ)、「Ghosts of Ruin」(ゲームアプリ「Battle Island」と提携したアニメシリーズ)などのプロジェクトが製作中だ。

Gala Music関連

さらに今回、スヌープドッグ、アイス・キューブ、E-40、Too $hortら米西海岸を代表するラッパーたちが結成した新ユニット「Mount Westmore」が、デビューアルバムとなる「Bad MFs」をGala Musicで日本時間6月8日午前0時から独占限定販売することが発表された。

また当日はノエル・ギャラガー、トム・ミッシュ、ジョージ・エズラら有名シンガーもGalaverseの特設ステージに立ち、ファンの前でコンサートを行っている。

今後はGala Gamesの「Play to Earn(ゲームプレイで稼ぐ)」とGala Musicの「Listen to Earn(音楽鑑賞で稼ぐ)」アプローチに加え、Gala Filmsの「Watch to Earn(映画鑑賞で稼ぐ)」を含めたゲーム・音楽・映画のエンタメ3本柱でユーザー体験を強化していくようだ。

関連:Gala Musicが音楽NFTプラットフォームをローンチ

関連:Gala GamesがSnoop Doggとコラボ、音楽NFTストアを開設

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します