Gala Games、ラスベガスで大型ゲームイベントを開催へ

フラッグシップ・イベント「Galaverse」開催

NFTに特化したブロックチェーンゲーム・エコシステムを開発するGala Gamesは、12月11日〜13日までの日程で、大型ゲームイベントの開催を発表した。

このイベントは計3日間行われ、Gala Gamesによる重大発表や新作ゲームに関する情報共有、限定NFTのドロップなどが行われる。またファン同士の交流会や食事会、有名ミュージシャンによるライブパフォーマンスなども予定されている。

NFTチケット制のイベント

このイベントはオンラインでも現地からでも参加可能だが、3日目に関してはオンラインのみでの開催となっている。参加するにはNFTチケットをGala Gamesストアで購入する必要がある。

NFTチケットは3種類ともストアで販売されており、それぞれ会場参加者のみ一日限定315枚のEpic、限定30枚のLegendary、限定10枚のAncientとランク分けされている。

なお、現時点ではすでに2日目までのチケットは売り切れており、3日目のオンラインイベントの特典付きLive Passチケットが2,000枚限定で11月24日より販売開始されている。ちなみに、3日目のオンラインイベントに関しては、視聴だけであれば誰でも無料で参加可能となっている。

その他のGala Gamesニュース

TownStarノードライセンス販売開始

Gala Games初のP2Eゲームとして日本でも好評のTownStarにおいて、初のゲーム専用ノードとなる「TownStarノード」の追加がコミュニティ投票により11月18日、決定した。

これに伴い、計600個のTownStarノードライセンスが2回に分けて販売される。初回は400個が販売される。2回目に販売される200個については、価格が初回よりも25%上乗せされて販売されるという。

Gala Gamesの日本語版公式ツイッターによると、最初の400個は一つあたり10,000ドル(約115万円)という価格にも関わらず、僅か5分ですべて完売したという。

関連:Gala Games、NFTゲーム「Town Star」の収益化に対応開始

ミランダスVOX、12月6日販売開始

またGala Gamesは、現在開発中のMMORPG『Mirandus(ミランダス)』をテーマにしたVOX(NFTキャラクター)を、Gala Gamesストアにて直接販売すると発表。

今回、総供給量8,888個での販売が12月6日(月)より開始され、プレゼント企画のあるローンチパーティーも同時開催される。

販売される「VOX箱」はERC-1155チケットとして販売され、後日VOXの公開時に箱からVOXをミントすることができるという。

関連:NFT(非代替性トークン)を活用したソーシャルゲーム開発企業、Gala Gamesとは

P2E「エコーズ・オブ・エンパイア」NFTプレセール

Play to Earn(収益化可能ゲーム)として開発中の『エコーズ・オブ・エンパイア』のNFTプレセールが11月10日に開始。

初回セールでは、収益化に必要となるNFTアイテム「Ember’s Grace Celestial Claim」が1,000個限定で販売され、約15万円という価格にも関わらず完売した。

今後、第2回目セール以降では、よりレアリティの高いNFTなども販売予定とのことだ。

関連:人気ゲームタイトル開発メンバーが集う「Gala Games」の取り組み

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します