CoinPostで今最も読まれています

NFT(非代替性トークン)を活用したソーシャルゲーム開発企業、Gala Gamesとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Gala Gamesとは

Gala Gamesはブロックチェーンを活用したゲーム開発を手がけ、プレイヤーが所有するノードエコシステムに支えられたネットワーク上でゲームプラットフォームを展開しています。

ゲーム内アイテムなどの資金について、従来の考え方を変容させることを目的とし、自社開発のゲームに加え、多数のゲームスタジオ開発によるタイトルを追加した、世界最大の分散型ゲームプラットフォームを構築しています。

Gala Gamesでは複数のゲームを運営しており、それらの中で得たアイテム等をブロックチェーン上で取引できます。アイテムはERC-1155トークンとして発行されており、仮想通貨を対価に売買することも可能です。

独自トークンであるGALAはゲーム内外で取引でき、ファウンダーズノードを運営し、Gala Gamesのネットワークに貢献することの対価としても得られます。バイナンスやコインベース、Crypto.comなどの大手取引所にも上場しています。

また、GALAトークンはイーサリアムのガス代高騰を受けFlare Networkでの導入が今年の1月に発表されており、スケーラビリティ問題の緩和に取り組んでいます。さらに、ほぼ無料で取引が可能になる自社開発のブロックチェーン開発にも取り組んでいます。

関連:仮想通貨取引所Bitrue、FlareとGala Gamesとの提携を発表

目次
  1. メンバーにゲーム開発のベテランなど起用
  2. Gala Gamesが提供するゲーム
  3. GALA Nodeについて
  4. NFT マーケットプレイスの協業
  5. 音楽分野への本格進出

メンバーにゲーム開発のベテランなど起用

ブロックチェーンゲームの中でもゲームデザインを重視しているGala Gamesですが、その創業者含めチームメンバーはブロックチェーンとゲーム両方に造詣が深く、ソーシャルゲームを開発したことのあるメンバーが目立ちます。

Zyngaの共同創業者でもあるEric Schiermeyer氏が創業し、ブロックチェーンとゲームの専門家であるJason Brink氏、John Osvald氏、Michael McCarthy氏等で構成された経営陣をもつGala Games。ゲーム開発における経験が豊富なメンバーが多いことが、顔ぶれから伺い知れます。

Gala Gamesが提供するゲーム

Gala Gamesが提供しているゲームはソーシャルゲームと言えるジャンルのものが多く、プレイヤー間での取引や協力関係の構築が避けられない種類のゲームです。この特徴は、NFTなど仮想通貨に関連する資産を取引することとのシナジーは高いといえます。

公式ウェブサイトによると、Gala Gamesが提供するゲームの数は、開発中のものも含めると10タイトル。現時点でベータ版の提供まで進んでいるプレイ可能なゲームは「タウンスター」と「スパイダータンク」です。他にもいくつかの注目ゲームをご紹介します。

タウンスター

提供:Gala Games

Town Starは農業と街づくりを楽しめる、シムシティなどに近い箱庭系シミュレーションゲームです。

WindowsやMacでのクロスプラットフォームに対応。ゲーム内に所有しているNFTを配置し、デイリーチャレンジを達成することで報酬を獲得することができます。また、コンペティションに参加し、上位に入賞することでも報酬を獲得することができます。スマホからもブラウザですぐにプレイ可能で、日本語にも対応済みです。

関連:Gala Games、NFTゲーム「Town Star」の収益化に対応開始

ミランダス

提供:Gala Games

ミランダスは現在開発中のMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)です。

プレイヤーは冒険をしたり、特定の派閥の騎士として活動したり、宿や酒場の経営をしたりと、様々な楽しみ方ができます。アイテムや土地はNFTとして扱われており、購入したNFTは2次流通市場で自由に取引することができます。

レジェンダリーNFTとして扱われているNFT「Citadel」は大口購入されたことで話題にもなり、Polient Games社により80万ドル(約9千万円)で、匿名の購入者に160万ドル(約1.7億円)で、そしてFlare Networkにより350万ドル(約3.5億円)で購入されています。

レガシー

出典:Gala Games

レガシーは、「ポピュラス」「ダンジョンキーパー」「ブラック&ホワイト」「フェイブル」といった人気タイトルを手がけたイギリスの著名ゲームデザイナー、ピーター・モリニュー氏によるゲームです。

プレイヤーの目的はゲーム内でビジネスを成長・発展させ、取引や競争を通してERC20規格の仮想通貨「レガシーコイン(LEGACY)」を獲得することです。独自製品やデザインを生産し、市場で販売や取引をしながら利益の最大化を目指します。

開催される様々なイベントやアワードに応募し、他のプレイヤーとギルドを組み、賞金としてのレガシーコインを目指して競い合います。

ウォーキング・デッド:エンパイア

出典:Gala Games

ウォーキング・デッド:エンパイアは、アメリカのテレビチャンネルAMCが制作した番組「ウォーキング・デッド(The Walking Dead)」の危険な世界を舞台としたMMORPGです。

ゲームの目的は「建設・戦闘・収益化」で、プレイヤーは土地を確保し、材料を集めて基地を建設し、ウォーカー(ゾンビ)などを撃退することで収益を生み出すことができます。

ドラマのウォーキング・デッドはこれまで映画やゲームなどの様々なスピンオフ作品が生まれており、Gala Gamesからも今後の注目タイトルの一つとして、21年12月のGalaverseイベントで初公表されました。AMCとEmber Entertainment(エンバー・エンターテイメント)によって開発が進んでおり、22年後半のリリースを予定しています。

また、4月にはVOXシリーズ第3弾として、ウォーキング・デッドVOXがリリースされ、発売後数分で完売しています。ウォーキング・デッド:エンパイアのゲーム内効果についての詳細は今後発表される予定となっています。

関連:Gala Games、『ウォーキング・デッド』など新作タイトル発表

GALA Nodeについて

Gala Gamesは分散型のゲームプラットフォームを目指しており、最終的には保存領域を含めブロックチェーンで管理する予定です。

Gala Gamesが提供する、ファウンダーズノードライセンスはノード運営者の提供する資源に対してGALAや、TOWN、今後追加されるすべてのゲーム別トークン、そしてGala Gamesプラットフォームに追加されるすべてのNFTの一部が報酬として与えられます。

NFTのノードドロップは、ランダム分配アルゴリズムにより決定されています。5万限定ライセンスのファウンダーズノードは値段改定が数回行われ、現在の販売価格は96,000ドル、販売数は42,000個を超えており、100個販売につき1,500ドル価格が上昇する段階価格設定が用いられています。

ゲーム専用ノードがリリース

21年11月、Gala Gamesのノードエコシステムが大幅にアップデートされ、以前予定されていた無料ノード、レンタルノードの代わりに、特定のゲームの成長を促進させるゲーム専用ノードのリリースが発表されました。

初のゲーム専用ノードとして発売されたタウンスターノードは、販売後わずか数分で完売。タウンスターゲームのDAU(デイリー・アクティブ・ユーザー)数次第で、今後の追加販売も予定されています。

NFT マーケットプレイスの協業

Gala Gamesは、Concept Art Houseとの協業とNFTマーケットプレイス「Crypto Art House」の設立を21年4月に発表。

その後9月には、「シン・シティ(Sin City)」シリーズや「バットマン:ダークナイト・リターンズ」などのアメリカン・コミックの原作者、フランク・ミラー氏のNFTをConcept Art Houseとともに制作販売し、1点物のオークションが840,000ドル(約1億円)で落札されたことでも話題となりました。

また、21年8月にはアーティストが運営するNFTマーケットプレイス「888 The New World」を、公式プラットフォームおよびテクノロジーパートナーとして発表。その後12月、ラスベガスで開催された「-into the galaverse」イベントにて、888 Inner Circleとのブランディングパートナーシップ「ガーディアンレルム」が発表され、翌年2月にはGala Gamesのコミュニティメンバーシップトークンとして、Blue Realmトークンをリリース。8,888個が販売開始後30分未満で販売完了しています。

関連:Gala Games、NFTマーケットプレイスと提携 著名アーティストが運営に参画

関連:Binance上場で勢いを増すGala Gamesエコシステム概要

音楽分野への本格進出

出典:Gala Music

Gala Gamesは22年2月、NFT音楽分野に特化したプラットフォーム「Gala Music」をローンチしました。ゲームの開発に加え、現在は音楽事業も行っています。

グローバルトークンメンバーシップを提供する「888 Inner Circle」や、著名EDMミュージシャンのBT氏と提携し、ジェネレーティブビジュアル(常に新たなビジュアルが生成され続ける)・オーディオアートの発売やエアドロップの実施スケジュールなどを公式に発表。

また同時に、米有名ラッパーで仮想通貨ビジネスに積極的に携わっていることで知られるSnoop Doggとコラボし、最新アルバム「B. O. D. R(Bacc On Death Row)」の音楽NFTが含まれる「スタッシュボックス」が2月10日から発売されました。

関連:Gala GamesがSnoop Doggとコラボ、音楽NFTプラットフォームを開設

音楽NFTの中には、Gala Gamesが手掛けるゲームで活用可能になる予定のものもあります。Galaの新たな分散型ノードネットワークは、アーティストやクリエイターへの報酬を向上させ、ファンはその成功を共有できるようになります。

Gala Musicユーザーは、将来的に好きなアーティストの音楽を分散型ノードネットワークで配信したり、聴くだけで収益を生み出すことができるようになる予定です。

関連:Gala Musicが音楽NFTプラットフォームをローンチ

関連:Gala Musicが目指す、音楽業界の変革|Gala Games寄稿

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。
17:41
Kaikoが選ぶ暗号資産取引所ランキング ビットバンク、ビットフライヤーなど選出
Kaikoは2024年Q2の暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを発表。日本のビットバンク、ビットフライヤー、コインチェックがトップ30にランクイン。詳細なスコアと評価基準を解説
14:23
香港立法会、Web3と仮想通貨開発に関する小委員会を設立
香港特別行政区立法会は、香港におけるWeb3と仮想通貨の開発に関する小委員会を設立。Jonny Ng議員はWeb3業界の将来の方向性を議論し、効果的な政策提言を行うため、広く世界中の業界識者に意見を提出するよう呼びかけた。
12:44
TONの日間送金量が100億ドル規模に、パンテラキャピタルが追加投資を計画
メッセージングアプリ「テレグラム」内で利用される仮想通貨TONの日次転送量が100億ドルの大台に達した。大手VCパンテラキャピタルはTONへ投資する新たなファンドを準備している。
11:43
「現実資産(RWA)トークン化市場、2030年までに320兆円規模に」米大手コンサルのマッキンゼーが予測
マッキンゼーは、トークン化された現実資産(RWA)の市場規模が2030年までに約320兆円に達するとの予測を発表した。
11:26
ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?
暗号資産(仮想通貨)相場では、ビットコイン週足が2週連続大陰線で64000ドルのサポートラインを割り込んだ。調整局面が意識される中、マイナーの大規模売りなど市場関係者に警戒される3つの下落要因について解説。
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア