CoinPostで今最も読まれています

人気ゲームタイトル開発メンバーが集う「Gala Games」の取り組み ビジョン『ゲームを根本的に変容させる』に込めた思いとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「権力をゲーム会社からユーザーへ」

2018年設立のゲーム開発会社Gala Gamesは、ビデオゲームの広告として毎年使われている約4000億ドルの一部をプレイヤーへ帰属させることを目指すだけでなく、ブロックチェーン技術を活用したゲームアイテムの資産化に取り組む企業だ。

Gala Gamesのブロックチェーン部門責任者であるJason Brink氏は、「権力を大企業の手からゲーマーの元へと返すことにより、ゲームを根本的に変容させることができる」と述べる。彼らのチームにはゲーム業界の大手からベテランが集結しているのも特徴だ。

「世界最大かつ最も成功したゲームエコシステムの1つになる」という大きな野望を抱くGala Gamesの現状、そして今後のビジョンなどを紹介する。

Gala Gamesエコシステム

Gala Gamesは、Web3技術をベースに構築されており、プレイヤーが自分のゲーム体験を「所有」できるゲームプラットフォームを目指している。ブロックチェーン取引とプレイヤーが所有するNFTは、Gala Gamesエコシステムのゲーマーが、かつて体験したことのない自由度とコントロールをもたらすとのことだ。

Gala Gamesでは既に複数のゲームが運営されており、ゲーム中で得たアイテム等はブロックチェーン上で取引できるようになっている。それらのアイテムはERC-1155トークンとして発行され、仮想通貨を対価に売買することも可能となっている。

関連:NFT(非代替性トークン)を活用したソーシャルゲーム開発企業、Gala Gamesとは

先月6月に、Gala Gamesはゲーム部門の社長として、過去にエレクトロニック・アーツ社(EA)のモバイル部門の製品責任者を務め、Zynga社でも活躍しているオズバルド氏を招き入れ、また有名ゲーム製作スタジオとも人材面で提携し、メンバー強化に取り組んでいる。

主要メンバー

エリック・シャーマイヤー(Eric Schiermeyer)

Eric Schiermeyer

Gala Games CEOのシャーマイヤー氏は、大規模なユーザー数を抱えるソーシャルゲーム会社、Zyngaの共同設立者。ゲームの所有権、そしてブロックチェーン技術によってプレイヤーに力を与えるというビジョンと共にGala Gamesを設立。

ジョン・オスバルド(John Osvald)

John Osvald

2021年6月10日、ゲーム部門の社長としてGala Games入社。2000年代初頭にはZyngaでゲームデザインに携わった後、Zyngaを離れてShiver EntertainmentとCarnivore Studiosを共同設立し、その後エレクトロニック・アーツ社(EA)のモバイル部門の製品責任者を務めた経歴を持つ。

マイケル・マッカーシー(Michael McCarthy)

Michael McCarthy

Gala Gamesクリエイティブ・マスター。Zynga社の人気ゲームの1つであり、最盛期には月間約5,000万人のプレイヤーがいた「Farmville 2」の元クリエイティブ・ディレクター。

T・エリオット・キャノン(T. Elliot Cannon)

T. Elliot Cannon

Gala Gamesのシミュレーションゲーム、「Town Star」ディレクター。キャノン氏は、Epic Games社(エピックゲームズ)のオリジナルデザイナーの一人として、90年代半ばから「Unreal」「Crysis」「Killing Floor」「Doom」など複数の有名タイトルに携わった経歴を持つ。ライター、ディレクター、デザイナーとして活躍。

ジェイン・ペレッシーニ(Jayne Peressini)

Jayne Peressini

エレクトロニック・アーツ社(EA)のモバイルマーケティング・成長戦略部門のシニアディレクターを経て、Gala Games成長戦略部門のVPに就任。

ウォレン・マーシャル(Warren Marshall)

Warren Marshall

Gala Gamesの3Dアーティストおよびアートディレクター。Epic Games社(エピックゲームズ)の有名タイトル「フォートナイト」やLegend Entertainment社の「The Wheel of Time」など、20年間に及ぶゲーム開発の経歴を持つ。

クレッグ・マチェット(Craig Matchett)

シニア・キャラクター・アーティストとしてエレクトロニック・アーツ社(EA)に8年間勤務。「Dead Space」「Battlefield Hardline」「Star Wars: Ragtag」「The Outer Worlds」「Tropico」「Medal of Honor: European Assault」などの人気ゲーム製作に従事。

ルーカス・フェルド(Lucas Feld)

エコシステム・エンジニア(Environmental Engineer)として2021年3月Gala Gamesに入社。「Star Wars: Knights of the Old Republic」「F3AR」「The Outer Worlds」「Camelot Unchained」「Fracture」などの有名タイトルに長年携わってきた。フェルド氏の専門分野は3Dモデリング、ライティング、テクスチャリング技術など。

また、Gala Gamesは今年4月にゲーム製作スタジオConcept Art Houseと提携を発表。NFTマーケットプレイス「Crypto Art House」の設立、そして両社による人材面などプロジェクトベースでの協業を発表している。

上場先と今後の展開

Web3の普及を念頭に入れたゲーム開発を進めるGala Gamesは、イーサリアム・ブロックチェーン上で、ERC-20規格に沿ったトークン「GALA」も発行している。Bitrue、Hotbit、MXC、Uniswapといった海外仮想通貨取引所に上場済みだ。

GALAトークンは、Gala Gamesプラットフォーム内におけるユーティリティ・トークン(デジタルグッズまたはゲーム内アイテムの購入)として機能している。

関連:NFT活用のゲーム開発企業Gala Games、独自トークンが上場

21年7月13日にはバイナンス・スマートチェーン(BSC)との提携を発表。

ここではdApps(分散型アプリ)開発におけるバイナンス・スマートチェーンの利用、そして新規プロジェクトに対する合計1億ドルのファンド、「$100M Accelerator Fund」の投資対象として選ばれたことも発表された。

関連:データで紐解く、バイナンス・スマートチェーンの台頭とBNB高騰の背景

今後の大まかなロードマップとしては、コミュニティー内でガバナンス投票を行えるようにしたり、世界のNFT供給の情報を提供するオラクルを導入したり、ネットワークへの読み取り専用のアクセス権を持つ、分散型APIエンドポイントを追加したりと、様々なノード環境の構築に取り組んでいる模様だ。

オラクルとは

オラクルとは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトにオフチェーン(ネットワーク外)のデータを提供するサービス。ブロックチェーン外の情報を中継する役割を果たす。

仮想通貨用語集

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア