人気ゲームタイトル開発メンバーが集う「Gala Games」の取り組み ビジョン『ゲームを根本的に変容させる』に込めた思いとは

「権力をゲーム会社からユーザーへ」

2018年設立のゲーム開発会社Gala Gamesは、ビデオゲームの広告として毎年使われている約4000億ドルの一部をプレイヤーへ帰属させることを目指すだけでなく、ブロックチェーン技術を活用したゲームアイテムの資産化に取り組む企業だ。

Gala Gamesのブロックチェーン部門責任者であるJason Brink氏は、「権力を大企業の手からゲーマーの元へと返すことにより、ゲームを根本的に変容させることができる」と述べる。彼らのチームにはゲーム業界の大手からベテランが集結しているのも特徴だ。

「世界最大かつ最も成功したゲームエコシステムの1つになる」という大きな野望を抱くGala Gamesの現状、そして今後のビジョンなどを紹介する。

Gala Gamesエコシステム

Gala Gamesは、Web3技術をベースに構築されており、プレイヤーが自分のゲーム体験を「所有」できるゲームプラットフォームを目指している。ブロックチェーン取引とプレイヤーが所有するNFTは、Gala Gamesエコシステムのゲーマーが、かつて体験したことのない自由度とコントロールをもたらすとのことだ。

Gala Gamesでは既に複数のゲームが運営されており、ゲーム中で得たアイテム等はブロックチェーン上で取引できるようになっている。それらのアイテムはERC-1155トークンとして発行され、仮想通貨を対価に売買することも可能となっている。

関連:NFT(非代替性トークン)を活用したソーシャルゲーム開発企業、Gala Gamesとは

先月6月に、Gala Gamesはゲーム部門の社長として、過去にエレクトロニック・アーツ社(EA)のモバイル部門の製品責任者を務め、Zynga社でも活躍しているオズバルド氏を招き入れ、また有名ゲーム製作スタジオとも人材面で提携し、メンバー強化に取り組んでいる。

主要メンバー

エリック・シャーマイヤー(Eric Schiermeyer)

Eric Schiermeyer

Gala Games CEOのシャーマイヤー氏は、大規模なユーザー数を抱えるソーシャルゲーム会社、Zyngaの共同設立者。ゲームの所有権、そしてブロックチェーン技術によってプレイヤーに力を与えるというビジョンと共にGala Gamesを設立。

ジョン・オスバルド(John Osvald)

John Osvald

2021年6月10日、ゲーム部門の社長としてGala Games入社。2000年代初頭にはZyngaでゲームデザインに携わった後、Zyngaを離れてShiver EntertainmentとCarnivore Studiosを共同設立し、その後エレクトロニック・アーツ社(EA)のモバイル部門の製品責任者を務めた経歴を持つ。

マイケル・マッカーシー(Michael McCarthy)

Michael McCarthy

Gala Gamesクリエイティブ・マスター。Zynga社の人気ゲームの1つであり、最盛期には月間約5,000万人のプレイヤーがいた「Farmville 2」の元クリエイティブ・ディレクター。

T・エリオット・キャノン(T. Elliot Cannon)

T. Elliot Cannon

Gala Gamesのシミュレーションゲーム、「Town Star」ディレクター。キャノン氏は、Epic Games社(エピックゲームズ)のオリジナルデザイナーの一人として、90年代半ばから「Unreal」「Crysis」「Killing Floor」「Doom」など複数の有名タイトルに携わった経歴を持つ。ライター、ディレクター、デザイナーとして活躍。

ジェイン・ペレッシーニ(Jayne Peressini)

Jayne Peressini

エレクトロニック・アーツ社(EA)のモバイルマーケティング・成長戦略部門のシニアディレクターを経て、Gala Games成長戦略部門のVPに就任。

ウォレン・マーシャル(Warren Marshall)

Warren Marshall

Gala Gamesの3Dアーティストおよびアートディレクター。Epic Games社(エピックゲームズ)の有名タイトル「フォートナイト」やLegend Entertainment社の「The Wheel of Time」など、20年間に及ぶゲーム開発の経歴を持つ。

クレッグ・マチェット(Craig Matchett)

シニア・キャラクター・アーティストとしてエレクトロニック・アーツ社(EA)に8年間勤務。「Dead Space」「Battlefield Hardline」「Star Wars: Ragtag」「The Outer Worlds」「Tropico」「Medal of Honor: European Assault」などの人気ゲーム製作に従事。

ルーカス・フェルド(Lucas Feld)

エコシステム・エンジニア(Environmental Engineer)として2021年3月Gala Gamesに入社。「Star Wars: Knights of the Old Republic」「F3AR」「The Outer Worlds」「Camelot Unchained」「Fracture」などの有名タイトルに長年携わってきた。フェルド氏の専門分野は3Dモデリング、ライティング、テクスチャリング技術など。

また、Gala Gamesは今年4月にゲーム製作スタジオConcept Art Houseと提携を発表。NFTマーケットプレイス「Crypto Art House」の設立、そして両社による人材面などプロジェクトベースでの協業を発表している。

上場先と今後の展開

Web3の普及を念頭に入れたゲーム開発を進めるGala Gamesは、イーサリアム・ブロックチェーン上で、ERC-20規格に沿ったトークン「GALA」も発行している。Bitrue、Hotbit、MXC、Uniswapといった海外仮想通貨取引所に上場済みだ。

GALAトークンは、Gala Gamesプラットフォーム内におけるユーティリティ・トークン(デジタルグッズまたはゲーム内アイテムの購入)として機能している。

関連:NFT活用のゲーム開発企業Gala Games、独自トークンが上場

21年7月13日にはバイナンス・スマートチェーン(BSC)との提携を発表。

ここではdApps(分散型アプリ)開発におけるバイナンス・スマートチェーンの利用、そして新規プロジェクトに対する合計1億ドルのファンド、「$100M Accelerator Fund」の投資対象として選ばれたことも発表された。

関連:データで紐解く、バイナンス・スマートチェーンの台頭とBNB高騰の背景

今後の大まかなロードマップとしては、コミュニティー内でガバナンス投票を行えるようにしたり、世界のNFT供給の情報を提供するオラクルを導入したり、ネットワークへの読み取り専用のアクセス権を持つ、分散型APIエンドポイントを追加したりと、様々なノード環境の構築に取り組んでいる模様だ。

オラクルとは

オラクルとは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトオフチェーン(ネットワーク外)のデータを提供するサービス。ブロックチェーン外の情報を中継する役割を果たす。

仮想通貨用語集

著者:CoinPost編集部
参考:Gala Games

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します