CoinPostで今最も読まれています

データで紐解く、バイナンス・スマートチェーンの台頭とBNB高騰の背景

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

データで紐解くBSC

DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)への関心が高まる中、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが手がけるバイナンス・スマートチェーン(BSC)の出来高とユーザー数急増がデータから鮮明となった。DeFi領域のデータ分析サイトDappRadar社が調査を行い、データからBSCの人気を紐解く。

バイナンス・スマートチェーン(BSC)は、仮想通貨取引所バイナンスが2020年9月にローンチしたブロックチェーン。イーサリアム仮想マシン(EVM)を導入していることからスマートコントラクト機能が導入されており、dApps(分散型アプリ)やネイティブトークン「BNB」のステーキングなどができることから、DeFi(分散型金融)プラットフォームとして活用が拡がっている。

DappRadarの分析では、21年2月においてBSCの取引量は7,450億ドル(約81兆円)を記録、ユニーク・アクティブウォレット数も2月の1ヶ月だけで30,000から108,000まで266%増加した。対照的にイーサリアムのユニーク・アクティブウォレット数は67,000まで減少したという。

(ピンク:BSC、青:ETH、赤:ThunderCore、緑:Flow、紫:WAX)

出典:DappRadar

また、下記の図を見ると、2021年に入り、BSCの取引量が急激に増加したことが伺える。

出典:DappRadar

バイナンススマートチェーン台頭の要因

バイナンススマートチェーンの人気上昇の要因としてDappRadarは「ETHより安い取引手数料」と「1億ドルの新規プロジェクト用ファンド」の存在を挙げた。

DeFi領域で主に利用されてきた時価総額2位のイーサリアム(ETH)はNFT(非代替性)ブームも重なり、取引手数料の高騰が取り沙汰されてきた。対照的にBNBはイーサリアムの10分の1の手数料が抑えられるなどのメリットがあるとDappRadarは指摘。

さらに有望な新規プロジェクトには1万ドル(約110万円)の支援や、バイナンスで上場する機会があることがプロジェクトを誘致するきっかけになったと分析した。

事実、dAppsを提供するバイナンススマートチェーンでは、DeFi関連のプロジェクトが大半を占める状況が発生している。2月には90以上のdAppsがBSCでローンチされたが、約80%がDeFi関連だった。

(青:DeFi関連、ピンク:その他)

出典:DappRadar

数多くのプロジェクトの中でも、2021年2月にはDeFi関連のdAppsでもVenusとAutofarmが全体の取引量の97%を占めたという。Venusは2月だけで4,000億ドル(約4.4兆円)の出来高を記録した。

中央集権的な側面を批判する声も

安い取引手数料の反面、BSCがバイナンス主導で動くプロジェクトであるため一部では中央集権的な側面を批判する声もある。しかしバイナンスCEOのCZ氏は先週改めて「段階的に分散化」する姿勢を示し、分散化(Decentralization)はユーザーが重視する「低い手数料、早いトランザクションと自由」を実現するための一つの手段であると強調していた。

仮想通貨BNBも時価総額TOP5に浮上

バイナンススマートチェーン(BSC)の台頭に伴い、担保通貨として頻繁にロックされる仮想通貨バイナンスコイン(BNB)の価格も急騰。2021年初めには37ドル(約4,000円)から現在250ドル(約27,000円)台を推移するなど、年間騰落率は564%を記録している。

時価総額ランキングでも仮想通貨XRP(リップル)を抑え、上位4位以内に浮上した。

出典:CoinMarketCap

時価総額で見てもBNBのドミナンス(市場占有率)は年初の0.7%から一時は3.0%まで急増、執筆時点では仮想通貨市場の2.3%の時価総額を占めるまでに発展した。またETHとBNBの時価総額を可視化する下記のチャートでは、2021年に入りイーサリアムの時価総額との差が縮まっていることも伺える。

出典:DappRadar

ローンチから半年弱のバイナンススマートチェーンの動向はバイナンスコインの実需を示す。BSC基盤の大手分散型取引所である「パンケーキスワップ」における流動性マイニング需要では、入手可能なPancakeSwap(CAKE)高騰に伴い通貨ペア先となるBNBが大量ロックアップされており、需給面からもBNBの購入動機・高騰へとつながっている。

関連:DeFi相場高騰の火付け役、イールドファーミングでは何が起こったのか|特徴と熱狂の理由を解説

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。
08:12
米コインベース、コスモス関連銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは27日、銘柄の新規上場を実施する予定だ。
07:40
バイナンス、税金ツール「Binance Tax」を発表
仮想通貨取引所バイナンスは、税金計算ツールBinance Taxを発表。現在利用できる国や特徴、今後の計画を説明している。
07:20
米AI関連株好調・ドル円続伸、米早期利下げの期待後退へ|7日
本日のニューヨークダウやナスダックは続落したが、米国株ではAI株が引き続き好調だった。8日にはパウエルFRB議長が発言を控えており、市場はFRBの口調に変化がないか様子見の状況だ。
02/06 月曜日
14:23
英中銀と財務省「デジタルポンド(CBDC)が必要となる可能性は高い」
英イングランド銀行(中央銀行)と英国財務省は、「将来的にデジタルポンドが必要になる可能性が高い」との判断を示し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に積極的に取り組む姿勢を見せた。
12:53
今年1月のNFT市場、前月比40%高と大幅に盛り返す=DappRadarレポート
DappRadarはNFTおよびDeFi市場についての最新レポートを発表。23年1月にNFTの取引量と販売数が急増しており回復傾向だった。BAYCなどを運用するYuga Labsコレクションが好調だった。
12:25
エコノミッククラブのパウエル講演控え、ビットコインなど様子見基調
前週末の雇用統計を受け、株や暗号資産(仮想通貨)などのリスク資産の値動きが冴えない。8日深夜には米ワシントンエコノミッククラブのパウエル講演控えており、ビットコインも様子見基調となっている。
10:03
仮想通貨領域をリードする世界の都市ランキング、首位は英ロンドン=Recap
仮想通貨関連企業Recapは、ビットコインなど仮想通貨・ブロックチェーン導入の環境に適した世界の都市ランキングを公開。関連企業数や税率などの指標でスコアを算出した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア