Gala Games、ブロックチェーンゲーム「GRIT」を「Epic Games Store」で販売へ

ブロックチェーンゲームの普及拡大へ

Web3(分散型ウェブ)ゲーム企業のGala Gamesは6日、これからブロックチェーンゲームをEpic Games Storeで販売していくと発表した。

まず第一弾として、米開拓時代のバトルロイヤルゲーム「GRIT」を販売。Epic Games Storeは1.9億超のユーザーが利用しているとし、Epic Games Storeにゲームを出品していくことで、今後もブロックチェーンゲーム業界をリードしていきたいと述べた。

Web3とは

ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みなどを指す。現状の中央集権体制のウェブはWeb2と定義される。

▶️仮想通貨用語集

関連ブロックチェーンゲームで遊ぶメリットと自律分散型の将来性|廃猫

Epic Games社の公式ウェブサイトによると、同社は1991年設立の米企業。本社はノースカロライナ州だが世界各地に40以上のオフィスがあり、人気ゲーム「フォートナイト」を運営していることでも知られる。4月にはソニーグループと、玩具会社レゴの親企業KIRKBIから、合計2,600億円(20億ドル)の資金を調達したことも発表していた。

関連Epic Games、メタバース構築を加速 ソニーGらから2,500億円を資金調達へ

Gala Gamesは、NFT(非代替性トークン)に特化した音楽のプラットフォーム「Gala Music」をローンチするなど、最近、積極的に事業を拡充している。GRITについては今年2月、ゲーム企業「Team GRIT」とパートナーシップを締結し、Gala Gamesのプラットフォームで提供することを発表していた。

関連Gala Musicが目指す、音楽業界の変革|Gala Games寄稿

公式発表でのコメント

今回の公式発表でGala Gamesは、以下のように説明している。

Epic Games Storeへのリリースを通して、Web3ゲームを多くの人々へ普及させていきたい。

数百万規模のゲームユーザーに新ジャンルのエンターテインメントを届け、Web3ゲーム業界のリーダーの地位を強固にしていく。

また、同社のゲーム部門のトップは、以下のようにコメントを寄せた。

Epic Games社は明確なビジョンを持った、ビデオゲーム業界のパイオニア。我々のゲームをEpic Games Storeに出品できることは、Web3ゲームという新しいジャンルの正当性を証明している。

デジタル上の所有権がどのようにゲーム体験を向上させるか味わったことがないプレイヤーにとって、Web3ゲームに簡単にアクセスできるようになることは、ターニングポイントになるだろう。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します