OpenSeaなど、NFTローンチパッドFair.xyzに出資

ローンチパッド強化へ

大手NFT電子市場OpenSeaは9日、NFTローンチパッド・ミントプラットフォーム「Fair.xyz」の6億円調達ラウンドに参加したことが明らかになった。

ラウンドを主導したのはベンチャーキャピタルEden Blockで、OpenSeaの他、NFXやFirst Minute Capitalも参加。また、エンジェル投資家(個人)には、Youtubeやメタ、TikTokも含まれている。今回の調達により、評価価値が44億円になるという。

Fair.xyzはクリエイターが独自のNFTをコレクターに向けて発行し販売するサービスを提供プラットフォームで、「開発者に20〜25%という法外な初期費用を支払う必要がなく、ギャラリーに売上の40%を渡す必要もない」と掲げている。

Fair.xyzの創設者らはメタやゴールドマン・サックスの元エンジニア。高い発行手数料や開発知識の欠如が多くのクリエイターがスケールの大きいNFT(1万コレクション等)をローンチするハードルとなっている現状を受け、より手数料の低く利用しやすいプラットフォームを提供したいとThe Blockの取材で語っている。Fair.xyzがとる予定の一次販売の手数料は6%だという。

Fair.xyzはまだ正式にローンチしておらず、クリエイターに「ウェイティングリスト」を設けている。なお、以前ウクライナ政府と提携し、ロシア抗戦のためにNFTをローンチすることに協力していた。

関連OpenSea、ロイヤリティの自動分配機能を実装

関連OpenSeaの盗品NFT凍結機能に不満続出、訴訟問題に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します