bitbank、仮想通貨スパーク(FLR)取り扱い開始へ 実現すれば国内初

国内初のFLR上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankは12日、スパーク(FLR)の取り扱いを開始する方針を発表した。

具体的な上場日時はまだ明かされておらず、「確定次第」発表する模様だ。

スパークとは

スパーク(FLR)はFlare Networkのネイティブトークン。同ネットワークにおけるガバナンス投票やステーキング報酬として活用される。

Flare NetworksはXRPの分散型台帳「XRPL(XRPレジャー)」上で、スマートコントラクト機能の導入を目指すプロジェクト。米リップル社の投資部門RippleXから出資を受けている。

2020年秋、XRP(リップル)保有者向けにスナップショットが実施され、スパークのエアドロップを行う計画が明らかになっていた。

関連:Flare Networkとは|XRP(リップル)と密接に関わるSparkトークンの将来性

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します