StarkWareが暗号証明の集約技術をリリース、L2のスケーラビリティ向上へ

StarkWareの新技術

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のスケーリングソリューションを開発するStarkWare社は11日、「Recursive Proofs(再帰的証明)」技術をリリースしたことを発表した。

Recursive Proofsは暗号証明の集約化により、StarkWareが開発するL2(セカンドレイヤー)の「StarkNet」を含む複数のプロダクトのスケーラビリティを改善する。

StarkWare共同創設者Ben-Sasson氏は14日に開催されたETHソウルで、「Recursive はガスコストを下げ、証明能力が高く、レイテンシーが低いため、スケーリングに最適」と説明。6,000万枚のNFTを1回の取引で発行可能と主張した。

StarkNetは、オフチェーンで処理した数百件のトランザクションを1つの暗号証明に集約し、イーサリアム・ブロックチェーンに保存する「ZKロールアップ」を使用。競合のOptimisticロールアップより不正耐性が高く、送金の処理時間が短い等の利点がある。

しかし、ZKロールアップで大規模なデータ(状態)を証明するにはメモリなど計算リソースを要すため、スケーラビリティ上の障壁もあった。Recursive Proofsはトランザクションを証明する暗号証明を、さらに別の証明にまとめることができるため、「ZKロールアップの限界を覆すもの」とされている。

StarkWareのコアエンジニアリング部門Gidi Kaempfer責任者は以下のように述べている。

ジェット機に数百人ではなく、数千人の乗客を快適に乗せる方法を見つけたようなもの。Recursive Proofsの導入は、スケーラビリティを大幅に向上させる。

Kaempfer氏はまた、RecursiveによってL2のStarkNet上にL3(第3層)を構築できると語る。

再帰的パターンは、L3からの証明の集約にも適用され、L2上の単一証明によって検証される。したがって、ここでもハイパースケーリングが実現される。

StarkWare社はイスラエルを拠点にする企業、6月にはシリーズDで約127億円(1億ドル)の資金を調達したことを発表した。企業評価額は約1兆円(80億ドル)で、昨年11月のシリーズCの資金調達における企業評価額20億ドル(約2,300億円)から4倍となった。

関連:イーサリアムL2開発企業StarkWare、120億円超を資金調達 6カ月で企業評価額が4倍に

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します