セルシウス、破産前の期間はCEOが投資を指揮か=FT報道

セルシウスの投資戦略

暗号資産(仮想通貨)融資企業Celsius Network(セルシウスネットワーク)は、破産申請する前の数カ月間、Alex Mashinsky最高経営責任者(CEO)が投資戦略を指揮していたことが分かった。複数の情報筋の話をまとめた「Financial Times(FT)」が報じた。

Mashinsky氏の指示で大量のビットコイン(BTC)を売却した後、翌日に買い戻して損失を出したことなど、投資戦略が機能していなかった事例が複数報告されている。

セルシウスは今年6月、「極端な市況」を理由に顧客資金の引き出し、仮想通貨のスワップ(交換)や口座間の送付を停止。その後7月には、米連邦破産法11条(チャプターイレブン)に基づいた破産申請を行ったことを正式に発表した。

米連邦破産法11条とは

日本の民事再生法に似た再建型の倒産法制度。経営を継続しながら負債の削減などを実施し、企業再建を行う。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨融資企業セルシウス、破産申請を正式発表

同社の財政にとって重要な局面は、今年1月に訪れた模様だ。Mashinsky氏は、米連邦準備理事会(FRB)が米連邦公開市場委員会(FOMC)を開催する前の金曜日である1月21日、投資チームに「次の一週間が自分達のキャリアを決定づける期間になる」と伝えたという。

FOMCを前にして、Mashinsky氏は自身が投資戦略を指揮することも投資チームに伝達。実際に個々のトレードを指示し、数十年間の金融経験を持つ幹部をも指揮していた。

同氏は1月のFOMCで仮想通貨の価格が下落すると強く確信していた模様。実際はこの時のFOMCで金利の引き上げが発表されることもなく、その後、ビットコインの価格は3月末ごろまで上昇傾向にあった。

Mashinsky氏は、信頼性の低い情報のダブルチェックを待つことを拒んで、数億ドル相当のビットコインの売却を指示したりしたという。結局、この時は売却に失敗し、翌日に買い戻すことになり、損失を出した。

GBTCも購入

FTは今回、セルシウスが、グレースケール社が提供するビットコイン投資信託(GBTC)を大量に購入していたことも報じている。セルシウスはGBTCがプレミアムがついて割高で取引されている時に購入。2021年9月までに1,100万口を購入していた。

現在GBTCは、ビットコインの市場価格に対してディスカウントされ、割引価格で取引される状態が継続している。セルシウスは、昨年9月にGBTCが約15%割安で取引されている時に、損失を抑えるためにポジションを解消することを提案されていた。

関連米グレースケールのビットコインETF転換申請、SECが非承認

しかし、ディスカウントの割合はまだ低い可能性があるとの理由で、Mashinsky氏が売却を拒否。結局セルシウスは、25%までディスカウントが拡大した今年4月に全て売却し終えたという。情報筋の話によると、セルシウスのGBTCにおける損失は合計で1億ドル(約134億円)から1.25億ドルに上ると見られる。

関連破産申請のセルシウス、10月までに現金残高が底を尽く見込みか

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します