分割所有権を提供するNFTサービス「Fractional」が27億円調達、VC大手Paradigm主導

「Tessera」に改名

NFT分割売りプラットフォーム「Fractional」は17日、シリーズAラウンドで27億円(2,000万ドル)を調達したことを発表した。

ラウンドを主導したのは、仮想通貨VC大手のParadigmで、Uniswap Labs、E Girl Capital、Focus Labsも参加。また、50名以上のエンジェル投資家も出資した。

関連業界最大規模、仮想通貨VCのParadigmが2,800億円ファンドを発表

FractionalはNFT保有者がCryptoPunksやBored Ape Yacht Clubといった高価なNFTを分割し、ERC-20トークンとして発行するサービスを提供するプラットフォームだ。通常では一人の保有者が1つのNFTを保有するが、分割することによって、所有権も分けられ共同保有になる。なお、分割されたトークンはDeFi(分散型金融)での取引などで利用できるメリットもある。

Fractionalは2021年に設立された企業で、今回の調達と共に「Tessera(テッセラ)」に改名された。Tesseraの広報関係者は発表で「集権的組織に意思決定を代行してもらうことなく、誰もが自分の価値あるものを集団で所有し管理する機会を持てるような世界の構築に貢献していきたい」と述べている。

関連NFTクリエイターを支えるロイヤリティ、必要か否かの議論が活性化

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します