CoinPostで今最も読まれています

NFTクリエイターを支えるロイヤリティ、必要か否かの議論が活性化

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Sudoswapの躍進

分散型NFTマーケットプレイス「Sudoswap」は、ローンチ後1か月で取引量が13億円(1,000万ドル)を突破。8月11日の取引量がNFT市場全体の5.9%を占めるなど好調だ。

一方で、SudoswapはNFT(非代替性トークン)市場の慣習を覆し、クリエイターのロイヤリティ報酬を「0%」に設定したことで波紋を呼んでいる。

出典:@0xRob / DUNE

SudoswapではNFTコレクションの流動性プールを設置でき、在庫量に基づいて自動でレートを提供するAMM(自動マーケットメイカー)により自動売買が促進されていること。そして、最大手OpenSeaの手数料は5~7.5%(2.5%+ロイヤリティ)であるのに対し、Sudoswapはトータルフィーでさえ0.5%と低いという特徴がある。

NFTのロイヤリティとは、売買価格の一部が自動的にクリエイターに還元される仕組みのこと。スマートコントラクトではNFTの移転が購入か譲渡かを識別できないため、多くのマーケットプレイスレベルで自発的に設定されている。

イーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)のトップNFTマーケットであるOpenSeaやMagic Edenなど、ロイヤリティを任意で設定できるものが主流となりつつあった。

ロイヤリティがゼロになるということはNFTのバイヤーにとってコスト低減につながる。しかし、NFTクリエイターにとっては収益減につながるため、クリエイターからは反対のも多い。

アーティストでメディア「NFT Now」の創設者であるMatt Medved氏は、「ロイヤリティ0%はありえない。Web2のデタラメに戻るつもりはない」と指摘。NFTアーティストHaley氏 は、「非常に搾取的であり、初期のクリプトアーティストによって確立された文化や先例に反している」とし、「NFT市場の新しいサービスにも同様の仕組みを組み込む必要性」を強調した。

関連:Uniswap、NFTの自動マーケットメーカー「Sudoswap」統合へ

NFTとロイヤリティ

そもそも、NFTにロイヤリティを付ける取り組みは、「EIP(イーサリアム改善提案)2981(20年9月)」で提起された「ソーシャル・コンセプト(共通意識)」である。初期の人気NFTコレクティブル「CryptoPunks」がデビューした2017年当時には存在しなかった。

現在、一部のNFTマーケットプレイスでは、NFTの転売時に転売価格の一定割合でクリエイターや販売プラットフォームに自動的に手数料が支払われるよう、スマートコントラクトに組み込まれている。Yuga Labs社の人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」と「Meebits」は、ロイヤリティをそれぞれ2.5%と5%に設定している。

PFP(プロフィール画像)NFTが主流だった2021年と比べて、「ゲーム内アイテムのようなNFTにとってロイヤリティは取引の阻害要因になる」とThe BlockのリサーチャーEden Au氏は指摘。AMMはトレーダーが手数料を気にせずに、迅速に販売を促進する点で理にかなっているとした。

一部のNFTコレクターは、Sudoswapの動きがプラットフォーム間の競争を生み出し、NFT市場の手数料低下につながると期待する。NFTコレクターのChris Nichols氏はCoinPost提携メディアThe Blockに対し以下のように述べた。

手数料の低下は、個々のアーティストから一点物のアートを購入する人よりも、より大きなコレクションを取引する人々を魅了するのではないか。

しかし、クリエイターサイドからは、Sudoswapのようなロイヤリティフリー(無料)が業界標準になれば、最終的に一次市場での販売単価の高騰を招いたり詐欺が増えるなど、エンドユーザーに負担がかかるような影響が生じるとも危惧されている。ソラナのNFTプロジェクト「DeGods」のFrank創設者は以下のように述べた。

ロイヤリティを撤廃したいのなら、それはそれで構わない。ただ、ミント(発行)がより高価になり、より多くの詐欺プロジェクトが生まれても文句を言う資格はない。

米司法省は6月30日、「Baller Ape Club」NFTに関連したスキームを通して、電信詐欺及び国際的なマネーロンダリングを行ったとして、運営者を起訴したと発表した。

NFTの完売後、突如ウェブサイトやTwitterアカウントを削除し、NFT投資プロジェクトを停止。いわゆる「ラグプル」という手口で投資家の資金を盗んだ容疑がかけられている。

ラグプルとは

英語で「Rug Pull」と表記される出口詐欺のこと。開発者が初期投資家を誘い込んでNFTを売りつけた後、プロジェクトを放棄したり、NFT販売で得た資金を持ち逃げする行為。DeFi(分散型金融)プロジェクトの開発者などの運営側が、密かに仮想通貨のプールから流動性を引き抜いて持ち逃げするなどの事例がある。

▶️仮想通貨用語集

関連:被害額3.5億円相当か、米司法省がNFT「Baller Ape Club」開発者を出口詐欺で起訴

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/27 火曜日
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧