被害額3.5億円相当か、米司法省がNFT「Baller Ape Club」開発者を出口詐欺で起訴

NFTの売上を持ち逃げ

米司法省は6月30日、「Baller Ape Club」NFT(非代替性トークン)に関連したスキームを通して、電信詐欺及び国際的なマネーロンダリングを行ったとして、運営者を起訴したと発表した。

起訴されたのは同プロジェクトを組織・運営したベトナム籍のLe Anh Tuan被告(26歳)。NFTの完売後、突如ウェブサイトやTwitterアカウントを削除し、NFT投資プロジェクトを停止。いわゆる「ラグプル」という手口で投資家の資金を盗んだ容疑がかけられている。

ラグプルとは

英語で「Rug Pull」と表記される出口詐欺のこと。開発者が初期投資家を誘い込んでNFTを売りつけた後、プロジェクトを放棄したり、NFT販売で得た資金を持ち逃げする行為。DeFi(分散型金融)プロジェクトの開発者などの運営側が、密かに仮想通貨のプールから流動性を引き抜いて持ち逃げするなどの事例がある

▶️仮想通貨用語集

司法省の分析によると、Tuan被告と共謀者は、「チェーンホッピング」により投資家の資金を洗浄し、分散型の暗号資産(仮想通貨)スワップサービスを利用し、盗難資金の痕跡を隠そうとしたという。

チェーンホッピングとは

ある種類のトークンを別のトークンに変換し、資金を複数のブロックチェーン間で移動させるマネーロンダリング手法

▶️仮想通貨用語集

Baller Ape Clubへの投資金額合計は、3億5,350億円(260万ドル)相当。有罪が確定した場合、Tuan被告は最高40年の懲役となる可能性がある。

起訴されたNFT関連犯罪

司法省は今年3月、NFTコレクション「Frosti」のクリエーター2人を同様の罪で起訴した。被害額はおよそ110万ドル。「Baller Ape Club」は起訴された2例目となる。

関連:米司法省、NFTの出口詐欺を発表 1億円相当の仮想通貨で資金洗浄の疑いも

NFTに関連した不正行為では、大手NFT電子市場「OpenSea」でインサイダー取引に該当する行為を行なったとして、6月1日にNathaniel Chastain被告が司法省から起訴されている。

Chastain被告は、OpenSeaのプロダクトマネージャーを務めており、同社のウェブサイトでNFTの掲載に関する権限を持っていた。目立つように掲載されることで、特定のNFTに注目が集まり価格が上昇する可能性が高いことを認識していた同被告は、事前に対象のNFTを多数購入し、多額の利益を得ていた。

関連:NFT電子市場「OpenSea」の元製品責任者、インサイダー取引で起訴

仮想通貨関連犯罪を同時に起訴

Baller Ape ClubのNFT詐欺と同時に、司法省は3つの仮想通貨に関連した不正行為を起訴している。

  • 仮想通貨の鼠講と証券詐欺:投資プラットフォーム「EmpiresX」の独自の取引ボットで多額の収益を保証、未登録で証券提供
  • ICO詐欺:約2,100万ドルを集めたTitanium Blockchain Infrastructure Services
  • 未登録の投資商品プールへの投資を勧誘:仮想通貨投資プラットフォーム「Circle Society」、取引ボットで500~600%のリターンを約束、16億円相当を集める

カリフォルニア州中部地区 のTracy L. Wilkison連邦検事は、一連の事件について次のように語った。

これらの事件は、一部の詐欺師が最新流行のバズワードの背後に隠れていることを決定的に思い起こさせる役目を果たしている。しかし、結局のところ、彼らは単に人々からお金を巻き上げようとしているに過ぎない。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します