仮想通貨取引所Bitfinex、ETHチェーン分岐トークンの取引を提供開始

Chain Split Tokensを提供

海外暗号資産(仮想通貨)取引所Bitfinexは23日、イーサリアム(ETH)のマージアップグレードに先んじてハードフォーク版トークンの取引をユーザーに提供開始した。

Bitfinexが提供するのは、ETHS(PoS版)とETHW(PoW版)という2つのChain Split Tokens(CSTs)だ。

ETHSとETHWを取引したいユーザーは保有するETHを預けて、プラットフォームにある「Token Manager」機能から自ら発行することができる。また、ETHSとETHWを返却しETHを取り戻すこともできるという。

具体的には、仮にPoS版イーサリアムへのアップグレードが実施されなかった場合、ETHSは廃止され、ETHWだけがETHに変わることができる。一方、PoS版が成功し、チェーンが分岐しなければ、ETHWは廃止され、ETHSをETHに変えられる。また、マージが成功してハードフォークもした場合は、ユーザーにはそれぞれのETHWとETHSが付与される。

なお、ETHSとETHWは2022年12月31日に失効することになるという。現在、ETHWとETHSはすでにBitfinex上で取引されている。

関連「ETHPoW」最新情報まとめ|イーサリアムのマージ後にチェーン分岐の可能性浮上

「Sepolia」がマージ後のアップグレードを完了

22日に、イーサリアムのテストネット「Sepolia」はマージ後に初となるアップグレードを実施した。

今回のアップグレードは新しい機能の追加はなく、実行レイヤー(execution layer:EL)上でコンセンサスアルゴリズムをプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行していないクライアントを切り離す作業だった。メインネットにおけるマージは、現時点では来月15日ごろの予定だ。

関連イーサリアムのテストネット「Sepolia」、マージ後のアップグレードを完了

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します