日本政府、仮想通貨の法人税のルールを見直す方針

仮想通貨の法人税の課題

金融庁と経済産業省は、企業が自社で発行・保有する暗号資産(仮想通貨)に対する課税方法を見直す方針を固めたことが分かった。

読売新聞が24日に最初に報じたが、「Web3プロジェクトチーム座長」などの肩書きを持つ自民党の平将明議員がツイッターで、方針を固めたことを認めている。有望なスタートアップ企業が海外に流出することを防ぐ狙いで、新しい方針を2023年度税制改正で議論する計画だ。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

日本の仮想通貨業界や投資家からは、長年に渡って税制に対する不満の声が上がっている。上述した法人税も税制の課題として指摘されてきた。現行法では、企業が期末まで仮想通貨を保有していた場合、期末時(事業年度終了時)の時価が取得時の価格より高い場合、評価益が計上され所得に加えられる。

この含み益に課税される仕組みが、創業間もないスタートアップ企業にとって大きな負担になると指摘されてきた。

関連「なぜ、日本の仮想通貨税制問題で人材の海外流出が起こるのか?」Astar Network 渡辺CEOが意見

今回見直す方針を固めたのは、この期末課税のルール。今後は、自社で発行・保有する仮想通貨については期末課税の対象から外し、売却などで利益が生じた時点で課税するように改める方針。現行のルールによって、実際にスタートアップ企業が海外に拠点を移す事例も出ていた。

自民党は7月の参院選の公約に、Web3時代を先導し、デジタルの徹底的な活用により「課題を価値」に、「コストをバリュー」に転換する「新しい資本主義」に挑戦すると記載。ブロックチェーン、NFT(非代替性トークン)・メタバース(仮想空間)などの新技術を活用し、Web3に対応した新しいデジタル経済圏を確立するため、人材育成も含めた環境を整備して、国際社会でも主導的な役割を果たすと宣言していた。

関連参院選公約、維新の会らが仮想通貨税制改革を宣言

また、自民党はスタートアップ企業の支援に尽力することも宣言しており、今月1日には「スタートアップ担当大臣」を新設。今回の税制見直しは、こういった取り組みの一環と見られる。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2と定義し、ブロックチェーンを活用して非中央集権型のネットワークを実現する試み等を指す。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨税制のもう1つの課題

今回の報道には、これまで不満の声を上げ続けた仮想通貨業界やコミュニティから大きな反応があった。日本は他国に比べていち早く仮想通貨規制を整備したが、まだ問題点が指摘されている。

最近の業界の取り組み事例としては、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)が3日、日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と共同で、仮想通貨に係る「2023年度 税制改正要望書」を公表。22年7月29日付で、この要望書を金融庁に提出したという。

関連JCBA、金融庁に暗号資産の「税制改正要望」提出へ 例年以上に着目される理由

企業の期末課税以外に、もう1つ日本の仮想通貨税制の大きな問題として指摘されているのが、取引の利益が雑所得に分類されるルール。上述した税制改正要望には、仮想通貨取引の利益への課税方法を、20%の申告分離課税にすることも希望すると記載した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します