休眠状態だったビットコイン、5,000BTCの移動を確認

ビットコインの大量移動を報告

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のツールを提供する「LookIntoBitcoin」の創設者Philip Swift氏は29日、休眠状態だった5,000BTC超(140億円相当)が移動したことを報告した。

このビットコインは7年から9年前に発行されたもので、7年以上移動していなかったと説明。Swift氏は、同程度古いビットコインで今回のような大規模な移動が確認された事例は、過去に6回しかないと述べている。その上で、過去6回の移動とビットコインの値動きを合わせたチャートをツイッターで公開した。

上記グラフの左軸はビットコインの数量で、右軸がビットコインの価格。ピンクの線が、発行から7年〜9年の歳月が経っているビットコインの移動を表している。Swift氏は日本時間29日の午後6時20分に今回の報告を行なっており、「数時間前に大量のビットコインが移動した」と説明した。

Swift氏は過去の事例からすると、今回のような古いビットコインの移動は、値動きのタイミングの観点から重要ポイントとなる可能性もあるとの見解を示している。

マウントゴックスの事例

休眠状態にあるビットコインは大口投資家(クジラ)が保有しているとされ、大量のビットコインの移動は売り圧力にもつながる可能性があるとして、これまでも投資家から注視されてきた。

現在、売り圧力につながる可能性があると注視されている事例の1つに、2014年に経営破綻した仮想通貨取引所マウントゴックス(Mt.Gox)からの弁済がある。最近、間もなく債権者に多額の弁済が一斉に行われると憶測が立ち、市場に大きな売り圧力が生じるのではないかとの懸念が一部で生じていた。

しかし、28日に債権者の1人であるEric Wall氏が「弁済プロセスは始まっていない」として、この噂を否定。マウントゴックスは約14万BTC(3,900億円相当)を保有しているとされている。

関連マウントゴックス債権者、ビットコイン弁済に関するFUDを否定

マウントゴックスとは

2010年から2014年にかけて運営された、東京を拠点とするビットコイン取引所。ハッキング被害によって閉鎖しており、これをきっかけにして、取引所がハッキングされたり、誤送信などで仮想通貨を失ったりすることを「GOXする(ゴックスする)」と呼ぶ慣習が生まれた。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します