Web3大手Animoca Brands、シンガポールの政府系ファンド主導のラウンドで138億円調達か

今年3回目の調達か

香港のWeb3大手企業アニモカブランズ(Animoca Brands)はシンガポールの政府系ファンド「Temasek」が主導するラウンドで138億円(1億ドル)を調達したようだ。ブルームバーグが30日に報じた。

今回の調達については「転換社債型新株予約権付社債(旧:転換社債)」によって実施されたものと報道されている。なお、Temasek以外の投資家は現時点では明らかになっていない。

アニモカは今年の1月にLiberty City Ventures主導のラウンドで約4億ドルを調達し、そして7月にも7,500万ドルを調達したばかりだ。

関連アニモカブランズ、100億円の資金調達を完了

また、シンガポールの政府系ファンドであるTemasekは仮想通貨業界への投資を積極的に進めている。そのポートフォリオには、暗号資産企業Amber Groupやイーサリアム(ETH)レイヤー2ソリューションImmutable Xを開発する豪州発のImmutable社、取引所FTXを運営する企業FTX Trading Ltd.といった知名度の高い企業が含まれる。

関連仮想通貨企業Amber Group、資金調達を再び実施か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します