2部構成のイーサリアムマージ|9月6日予定の「Bellatrix」アップグレードとは

イーサリアムの大型アップグレード

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の大型アップグレード「The Merge(マージ)」は、「Bellatrix(ベラトリックス)」と「Paris(パリ)」の2部構成で完了する。

9月6日に予定される第1段階「Bellatrix」を無事完了すると、イーサリアムのネットワークをPoWからPoSに切り替える第2段階「Paris」が焦点となる。この記事では、Bellatrixのポイントについて解説する。

関連:新イーサリアムへのアップグレード、背景や改善点を解説

マージの2段階構成

イーサリアムの大型アップグレード「マージ」では、現在のメインネットと今後コンセンサス形成を担っていく「ビーコンチェーン」が統合される。マージが完了すると、イーサリアムのコンセンサス(合意形成)アルゴリズムが、現行のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)へ変更される。

とはいえ、どちらかがどちらかに吸収され、二つが一つになる訳ではない。役割の異なる二つのレイヤーがそれぞれ形を残して連携しながら、一つのイーサリアムを構成する。

そのため、マージ前半の「Bellatrix」は主にビーコンチェーンのアップグレードであり、後半の「Paris」は主にメインネットで実行するものとなる。なお、ノードオペレーターにとって、「ビーコンチェーン」と「メインネット」の両方のクライアントを並行して更新する必要がある。

関連:待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

マージ前半のBellatrix

出典:イーサリアム財団

エコシステム発展を支援する非営利組織「イーサリアム財団」が24日に発表したマージ実行計画によると、Bellatrixはエポック144896で起動する。エポックはビーコンチェーンで使用される時間単位で、日本時間9月6日20:34:47に当たる。

ビーコンチェーンのクライアントである「Teku」は22日、Bellatrixとマージ移行の各種設定が含まれた「バージョン22.8.1」をリリースした。イーサリアムのノードオペレーターは、Bellatrix起動予定日(9月6日)までに、ソフトウェアを更新しておく必要がある。

マージに合わせて分岐を伴うハードフォークにより新トークンETHWが誕生する可能性もあり、大手取引所の対応もチェックしておきたい。

関連:イーサリアムPoWフォーク:新トークン付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表

ビーコンチェーンとは

ビーコンチェーンは、新イーサリアムでコンセンサス形成を担うレイヤーとして20年12月1日にリリースされた。取引やスマートコントラクトには対応しておらず、ステーキングの管理やバリデータの選択、シャードチェーン間の連携など、イーサリアムが適切に機能するためのインフラを提供する。

マージ後、トランザクションやスマートコントラクトの実行機能はメインネット(「エクセキューションレイヤー」と呼ぶ)がそのまま受け継ぎつつ、PoSによるコンセンサス形成がビーコンチェーン(「コンセンサスレイヤー」と呼ぶ)で行われるようになる。

9月6日のBellatrixに向けて、大手仮想通貨取引所バイナンスは同日20時(日本時間)からETHとERC20トークンの入金と出金を停止することを発表した。他社も同様の対応を取ることが予想され、ETHを送付する場合は最新動向をチェックしながら慎重に作業する必要がある。

なお、イーサリアム(ETH)の保有者はMetamaskなどのウォレットアプリで保有していようと、仮想通貨取引所で保持していようと、Bellatrixに向けて何もする必要はない。

マージ後半の「Paris」では、エクセキューションレイヤーをアップデートし、イーサリアムのPoS移行が完了する計画だ。移行のタイミングは「Bordel.wtf」や「797.io」のウェブページで確認可能で、執筆時点では9月15日(Bordel.wtf)と17日(797.io)と予測されている。

関連:イーサリアム財団、「マージ」の実施日程を正式発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します