イーサリアム財団、「マージ」の実施日程を正式発表

イーサリアム財団の正式発表

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は24日、次期大型アップグレード「The Merge(マージ)」の実行計画を正式に発表した。

これまでも開発者コールなどで9月15日頃にマージを完了する予定と説明されてきたが、改めてイーサリアム財団が正式に発表した格好で、「最終的なマージの実行は、マイニングの最終合計難易度(TTD)でタイミングを決定し、9月10日から20日の間に行われる予定だ」とした。

関連待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

イーサリアム財団は今回の発表で、マージのアップグレードは全てのパブリックテストネットで成功したと報告。問題が報告されたこともあったが修正対応を行なっており、「メインネットでの実行スケジュールを決定した」と説明している。

今後の流れ

メインネットでのマージは、これまで伝えられていた通り、レイヤーごとに2段階に分けて実施される。

まずは、指定のエポック(ブロックチェーン上の期間)の時点で、コンセンサスレイヤー(ビーコンチェーン)のアップグレード「Bellatrix」を実施。Bellatrixの実施は9月6日の予定だ。

次に指定のTTD「58750000000000000000000」で、実行レイヤーのアップグレード「Paris」を実施。実施のタイミングはマイニングのハッシュレートに依存するため、イーサリアム財団は来月10日から20日と、実施予定日に10日の期間を設けた。

移行のタイミングは「Bordel.wtf」や「797.io/themerge」のウェブページで確認可能。執筆時点では9月15日(Bordel.wtf)と17日(797.io)と予測されている。

また、イーサリアム財団は2段階に分けてアップグレードを行う点とは別に、ノード運営者がコンセンサスレイヤーと実行レイヤーの両方のクライアントをアップデートする必要があると指摘。マージをサポートするクライアントはすでにリリースされており、ノード運営者に事前にアップデートするよう呼びかけた。

クライアントとは

イーサリアムのクライアントとは、イーサリアムの仕様を実装し、P2Pネットワークを介して通信できるようにするためのソフトウェアのこと。複数のクライアントが開発されているが相互運用できるようになっている。

▶️仮想通貨用語集

イーサリアム財団は、TTDに到達もしくはTTDを超えた後、ビーコンチェーンのバリデータによってブロックが生成されるようになると説明。そのブロックがファイナライズした時点で、マージ完了と判断するとした。

関連新イーサリアムへのアップグレード、背景や改善点を解説

マージの注目度

マージはイーサリアムのコンセンサスアルゴリズムをプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行する大型アップグレード。もともとイーサリアムはPoSに移行するよう計画がされており、今回の発表でイーサリアム財団は「何年にも渡る懸命な開発により、とうとうPoSへ移行するアップグレードを実施する時が来た」と述べている。

関連仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|PoWとの違いとメリットを解説

マージ後には、イーサリアムの新規発行量が最大90%減少することで、今回のアップグレードに対する投資家からの注目度は非常に高かったが、最近は、PoSへの移行によってブロックチェーンが分岐(フォーク)する可能性も関心を集めている。チェーンが分岐すれば新しい仮想通貨が誕生することになり、イーサリアム保有者がその通貨を受け取れる可能性があるためだ。

国内外でも仮想通貨取引所が対応を発表する事例が増えてきている。

関連イーサリアムPoWフォーク:新トークン付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します