バイナンス、主要ステーブルコインの取り扱い停止へ ステーブルコイン残高を全てBUSDに自動換金

ステーブルコインはBUSDに集中へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは6日、主要ステーブルコインの取引所残高を自動的にバイナンスUSD(BUSD)に換金する方針を明らかにした。

自動換金の開始時期は9月29日正午(日本時間)。対象銘柄は米サークル社が提供するUSDコイン(USDC)、Paxosの提供するPaxドル(USDP)、そしてTrueCoinの提供するTrueUSD(TUSD)。

期日には対象銘柄を保有するユーザー残高は1:1の割合でバイナンスUSD(BUSD)へと自動的に換金されることとなる。

なお、顧客資産の引き出しは今後もUSDCとUSDP、そしてTUSDで可能となる。

BUSDとは

バイナンスUSDはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から承認を受けているステーブルコイン銘柄。USDPを提供するPaxos社とバイナンスが連携してイーサリアムとBNBチェーン上で発行している。

▶️仮想通貨用語集

関連:初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

主要通貨ペアの取引も停止へ

また、29日の自動換金に先駆けて、以下のステーブルコイン建の取引ペアの提供も停止する予定だ。

  • エイダコイン(ADA)/USDコイン(USDC)
  • コスモス(ATOM)/USDコイン(USDC)
  • 豪ドル/USDコイン(USDC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)/USDコイン(USDC)
  • バイナンスコイン(BNB)/USDコイン(USDC)
  • ビットトレント(BTTC)/USDコイン(USDC)
  • イオス(EOS)/USDコイン(USDC)
  • イーサリアム(ETH)/USDコイン(USDC)
  • チェーンリンク(LINK)/USDコイン(USDC)
  • ライトコイン(LTC)/USDコイン(USDC)
  • ソラナ(SOL)/USDコイン(USDC)
  • トロン(TRX)/USDコイン(USDC)
  • ウィンク(WIN)/USDコイン(USDC)
  • XRP(リップル)/USDコイン(USDC)
  • ジーキャッシュ(ZEC)/USDコイン(USDC)
  • バイナンスコイン(BNB)/Paxドル(USDP)
  • ビットコイン(BTC)/Paxドル(USDP)
  • イーサリアム(ETH)/Paxドル(USDP)
  • エイダコイン(ADA)/True USD(TUSD)
  • バイナンスコイン(BNB)/True USD(TUSD)
  • ビットコイン(BTC)/True USD(TUSD)
  • イーサリアム(ETH)/True USD(TUSD)
  • トロン(TRX)/True USD(TUSD)
  • XRP(リップル)/True USD(TUSD)

先物取引においてもUSDCが証拠金資産として利用できなるほか、主要銘柄のレンディングも7日付けで停止する。

他にも、ステーキングやスワップ取引、ローンやBinanceペイ、およびバイナンス・ギフトカードにおいてもUSDCやUSDP、そしてTUSDの対応を段階的に停止していく。

これにより、9月末以降のバイナンスでは一部のテザー(USDT)建ペアを除き、現物取引ではBUSDの提供のみとなる格好だ。

関連:ETH/BTCがレンジ上限に向け上昇、イーサリアムクラシックは前日比24.7%高

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します