英国の次期首相トラス氏 仮想通貨を巡る姿勢は

トラス氏が新党首に選出

英国の保守党は5日、エリザベス・トラス外相を新党首として選んだ。保守党は与党であるため、トラス氏は英国の次期首相に就任することが決まった。

暗号資産(仮想通貨)を促進する政策を積極的に打ち出してきた対立候補リシ・スナク氏は敗れた形だ。

トラス氏は、最近は仮想通貨についての発言は少ないものの、過去にブロックチェーンや仮想通貨に前向きな姿勢を示していたことがある。

2018年時点では「仮想通貨の可能性を制約しないような方法で、それを歓迎すべきだ」「繁栄を制限する規制を撤廃し、自由な企業活動を解放しよう」とツイートした。

また、国際貿易相を務めていた2020年には、フィンテック、人工知能(AI)などを含むテクノロジー産業を後押しする「デジタル貿易戦略」を打ち出しており、「ブロックチェーンやAIなどの分野にも取り組み、世界をリードしていきたい」とも発言していた。

トラス氏は、ビジネスの促進を優先課題とし、民営化推進の姿勢を示していることでも知られる。

トラス氏が現在仮想通貨をどのように見ているかについては不明だ。またインフレに伴う家計負担を減らすなど優先的に対処することが期待される課題もある状況だ。一方で、地元の仮想通貨業界からは期待の声も上がっている。

ロンドンを拠点とする仮想通貨取引所Lunoの公共政策担当責任者トマス・チュードホープ氏は次のようにコメントした。

トラス氏と協力して経済成長を後押しし、多くの雇用を創出し、消費者を保護する仮想通貨の規制枠組みを構築していけることを楽しみにしている。

英国をデジタル資産エコシステムにおける世界的リーダーとするには、企業が確実に計画を立てていけるような規制枠組みを開発し施行することが必須だ。

ステーブルコインを決済手段とする法案

英国では、7月に仮想通貨に前向きなリシ・スナク氏が財務大臣を辞任したことから、業界で懸念が広がっていた。スナク氏は4月、英国を「世界的な仮想通貨技術のハブ」とする計画を公開し、ステーブルコインを決済手段として承認する方針も提示していた。

最近の動きを見ると、スナク氏が辞任した後も、ある程度こうした方針は受け継がれている模様だ。

英国財務省は7月に、仮想通貨ステーブルコインを規制することを盛り込んだ「金融サービス・市場法案」を発表している。

財務省は法案について「英国が新しいテクノロジーとイノベーションの最前線に留まることを確実にするため、一部のステーブルコインを決済手段として規制することを可能にする」ものだと説明した。

イノベーション促進のため、企業が新テクノロジーや手法をテストできる制度を設けることも可能にする。なお、この法案が成立するには、上院下院の両方で可決する必要がある。

関連英国財務省、ステーブルコイン法案を提出

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的。

米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

関連:初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します