英国財務省、ステーブルコイン法案を提出

「ステーブルコインを決済手段として規制」

英国財務省は20日、金融サービス・市場法案を発表。仮想通貨ステーブルコインを規制する計画が盛り込まれているものだ。

この法案は、ブレグジット(EU離脱)の後に、EU規制にかわる英国の規制モデルを提供する。金融サービス規制を英国市場に合わせて調整し、世界の金融センターとして同国の競争力を強化することを目的としている。英国経済全体で数兆円(数百億ポンド)の投資を呼び起こすことも狙いだという。

なお、この法案が英国の法律として成立するには、上院下院の両方で可決する必要がある。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

財務省の公式発表によると、企業や英国金融システムの健全性の保護と向上、消費者利益のための競争促進、消費者保護なども狙いだという。財務省は、ステーブルコインについて次のように述べた。

英国が新しいテクノロジーとイノベーションの最前線に留まることを確実にするため、本法案は、ある種類のステーブルコインを英国での決済手段として規制することを可能にする。

法案は、こうしたイノベーションを促進するため、金融市場インフラストラクチャーにおける規制サンドボックスの創設も可能にする。サンドボックス制度で、企業は金融市場における新テクノロジーや手法をテストし、新商品の効率、透明性、耐障害性を向上させることができる。

サンドボックスとは

実験を行うことのできる「砂場」の意味。特に、規制上のサンドボックスとは、当局の監督の下で革新的な商品やサービス、ビジネスモデルをテストできるようにする制度のこと。現行法などが限定的に緩和された環境の中で、革新的な企業によるイノベーションを育成することが可能となる。

▶️仮想通貨用語集

今月より就任したナディム・ザハウィ財務大臣は、法案についてのスピーチの中で「仮想通貨を安全に導入することで、テクノロジーの中心地としての英国の地位を強化する」ことにも言及した。

仮想通貨に前向きだった前財務大臣

前任のリシ・スナク氏(7月5日に財務大臣を辞任)は、仮想通貨に対して積極的なアプローチで知られていた。

4月には、英国を「世界的な仮想通貨技術のハブ」とする計画を公開。ステーブルコインを決算手段として承認する方針も提示していた。さらに、金融市場にサンドボックスを導入することや、王立造幣局と協力してNFT(非代替性トークン)の作成に取り組む方針も示していた。

ジョン・グレン前財経済担当大臣(7月6日辞任)も、仮想通貨に前向きであり、3月までに、様々な企業とミーティングを行っていたことも知られている。Binance、Paxos、Coinbase、Circleなどの仮想通貨企業と仮想通貨について議論を行っていた。

またグレン氏は、ステーブルコインについて、規制整備のための法案を導入する予定だと述べ、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨についても、「世界をリードする体制」づくりを協議していくと話していた。

関連英大臣が仮想通貨企業トップと会合=1Q資料 バイナンスやサークルなど

この二人が辞任したことにより、英国の仮想通貨業界では懸念が浮上していたが、今回の法案では、両氏が進めようとしていた方針がある程度継承されている模様だ。

なお、スナク氏は現在、保守党の党首に立候補している。19日に行われた第4回投票では、3人の候補の中で首位を維持。もし党首選に勝てば、イギリスの次期首相となる見込みだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します