英大臣が仮想通貨企業トップと会合=1Q資料 バイナンスやサークルなど

仮想通貨に関する会合

英国財務省は14日、今年第1四半期(1月〜3月)に同省の大臣が行った会合についての情報を公開。John Glen前財経済担当大臣(7月6日辞任)が、複数の企業と暗号資産(仮想通貨)に関する話し合いを持っていたことが明らかになった。

Glen氏は3ヶ月の間に合計10回、以下の個人及び企業と「仮想通貨について話し合う」ことを目的とした会合を実施していた。

  • Barry Eichengreen:経済学教授、米カリフォルニア大学バークレー校
  • 米サークル社
  • ゴールドマン・サックス
  • a16z:米ベンチャーキャピタル
  • Kingsway Capital:英金融サービス
  • バイナンス
  • Paxos
  • コインベース
  • Entrepreneur First:英起業家育成
  • Epos Now:英決済ソフトウェア企業

なお、会合の詳しい内容は明らかにされていない。

関連:バイナンスCEOのCZ氏、英政府関係者と会談

仮想通貨推進派の辞任相次ぐ

Glen氏は、7月5日に財務大臣を辞任したRishi Sunak氏と共に、英国における仮想通貨の推進役として大きな役割を果たしてきた。

Sunak氏は在任中の今年4月4日、英国を「世界的な仮想通貨技術のハブ」とする計画を公開。その一環としてステーブルコインを決算手段として承認する方針を発表した。

計画の中には、金融市場インフラのサンドボックス導入や、業界との緊密な連携、税制面における競争力の強化などが含まれている。さらに、英国の仮想通貨に対する「前向きなアプローチの象徴」として、王立造幣局と協力してNFT(非代替性トークン)の作成に取り組むことも付け加えられた。

Glen氏は政府発表と同日に開催された金融サミットで基調講演を行い、英国が「卓越した金融センター」になるため、財務省が「全力で」フィンテック業界をサポートすると発言。より具体的なアプローチについて説明する中で、変化に対応できるようコンピュータのコードのように、必要に応じて改良し、書き換えられる「ダイナミックな規制」を取り上げた。

まずは、決済分野で大きな可能性を持ちつつも、懸念が高まるステーブルコインについて、規制整備のための法案を導入する予定だと述べた。その後、ビットコインなどの仮想通貨については、「世界をリードする体制」づくりを協議していくと強調。

さらに税制の改正について、フィンテック業界と連携し、「イノベーションを促進する司法管轄区」として英国を位置付けたいと、Glen氏は述べている。

関連:英大蔵省「UKを仮想通貨技術と投資の世界的ハブに」

Glen氏は、財務省の情報開示からも伺えるように、政府と仮想通貨業界の橋渡し役として、頻繁に業界関係者と会合を持ってきたようだ。米ワシントンやサンフランシスコなどの都市を訪問し、仮想通貨企業や規制当局の視察を通して、仮想通貨事情に精通するようになったとブルームバーグは伝えている。

仮想通貨推進派である両氏の相次ぐ辞任によって、英国政府内における求心力が低下する懸念も指摘されている。イングランド銀行(中央銀行)のAndrew Bailey総裁は「仮想通貨に本質的な価値はない」と繰り返し批判し、仮想通貨懐疑論者として知られている。

関連:「仮想通貨に本質的な価値はない」英中銀総裁が批判

NFTの開発は継続

一方、財務省の広報担当者は17日、政府公認のNFTの作成には、引き続き取り組んでいるとして、英メディア「The Telegraph」に次のようなコメントを寄せた。

我々は、EU離脱によって得られた自由を活用し、英国を仮想通貨技術とイノベーションの最前線に置くことを固く決意している。

また、王立造幣局の広報担当者は、初となるNFTシリーズの開発が継続しており、詳細は追って発表されると述べた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します