AscendEX、新たなEarnプラットフォームの提供開始

Earnプログラムを一新

暗号資産取引所のAscendEXは19日、新たなEarnプログラム「AscendEX Earn」のローンチを発表した。

AscendEX Earnとは、ステーキングDeFi(分散型金融)のイールド・ファーミングなどを提供するハブ。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)テザー(USDT)やCurve(CRV)など約100銘柄が対象。

特定のトークンを一定期間の間ロックアップする(預け入れる)ことで、APR(年換算利回り)ベースの収益を得る機会を提供する。

同プラットフォームを活用することで異なる投資機会を検索して、投資戦略や許容リスクに応じた選択肢を調べることができる。

様々な選択肢を検索

AscendEX Earnの一新されたインターフェイスは、想定リターンのビジュアル化を容易にしたほか、収益を得る手段の検索機能なども新しくなった。

ダッシュボードでは過去のリターンや異なるタイムフレームにおけるAPR(年換算利回り)を予測。異なる資産を利用したプロダクトやその機能などを提案する。

リニューアルされたダッシュボードは検索と比較に特化しており、ステーキングやレンディング、イールドファーミングなど全ての商品における仕組みを可視化する。

また、「Max Yield」機能ではポートフォリオ全体の収益率をワンクリックで最大化することができる。

さらに、新機能「クイックトレード」クレジットやデビットカードを利用した仮想通貨の購入と売却をより簡略化。瞬時に暗号資産の投資判断が可能だ。

他にも、新機能として「パッシブ・インカム」も追加。収入の目標金額を設定し、自動で受動的収入を受け取る機会を提供する。

今後も透明性とユーザビリティを保ちながら、DeFiへのアクセス提供などのサービスを強化していく方針を示した。

詳細はAscendEXの公式サイトから確認可能。

AscendEXとは

AscendEXは2018年設立の仮想通貨取引所。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、XRP(リップル)など200以上の銘柄を対象に、現物取引の他にも証拠金取引や先物取引などを提供している。

21年3月には旧称BitMax.ioから現在のAscendEXへとリブランディングを果たしていた。

関連: BitMax.io、「AscendEx」へリブランディング

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します