アルゴランド財団、出金停止中のHodlnautに50億円相当のエクスポージャー

3,500万ドル相当のUSDCがアクセス不能

暗号資産(仮想通貨)アルゴランド(ALGO)を管理するアルゴランド財団は9日、シンガポールを拠点とし、現在暫定司法管理下に置かれている仮想通貨融資会社Hodlnautに対して、USDCで約50億円(3,500万ドル)のエクスポージャーがあると発表した。

エクスポージャー(exposure)とは

投資家や機関の保有する金融資産のうち、価格変動リスクやカウンターパーティリスク等に直接さらされている金額や残高、比率のこと。

▶️仮想通貨用語集

同財団によると、この資金は余剰資金であり、財団の保有資産の3%に満たないため、運用や流動性の面で影響はないと見ている。また、財団は余剰資金の一部を利回り向上のため、適宜投資していることも明らかにした。

Hodlnautは先月8日、流動性の問題から顧客の資金引き出しを停止。この措置でロックされていたアルゴランドの資金も影響を受け、アクセスができなくなった。財団は資産回収のため、あらゆる法的救済手段を追求、継続すると述べた。

民事再生プログラムを活用

シンガポールでは、財政的な問題を抱えた企業の自主的な再生を可能にする債権者保護プログラムが用意されている。Hodlnautは顧客資金の引き出し凍結後、シンガポール高等裁判所に債権者保護を申請。8月29日に同社を暫定的な司法管理下に置く判断が下された。

暫定資産管理人には、アルゴランドが指名した「EY Corporate Advisors 」社のAngela Ee、Aaron Lohの両氏が任命され、司法管理期間の間、Hodlnautの資産を特定し、保護しつつ、負債と資産を整理することになる。

UST騒動の影響

Hodlnautが苦境に陥ったのは、5月にディペッグ騒動を起こしたステーブルコインTerraUSD(UST)騒動が原因だ。

USTは、テラブロックチェーン上で発行される無担保(アルゴリズム)型ステーブルコイン。アルゴリズムをベースにUSTの価格に基づいて、LUNAトークンを発行したりバーンすることで供給量を調整し、米ドル価値とのペッグ(連動)を維持していた。

USTでディペッグが発生すると、UST発行のメカニズムを支えるLUNAトークンが大量に発行され、LUNA価格が下落。ディペッグが解消されず、USTとLUNAの負の連鎖が続いた結果、LUNAは数日間のうちに99.99%の価値を失った。

Hodlnautの宣誓供述書によると、同社はテラ・ネットワークのレンディング・プラットフォームAnchor Protocolに、452億円相当(3億1,700万ドル)のUSTを預け入れていた。急激に進行したUSTのディペッグにより、Hodlnautは約270億円(1億8,970万ドル)の損失を被ったと釈明していた。

Anchor Protocolとは

Terraチェーン上の貯蓄及び融資プロトコル。ステーブルコインUSTの預金に対して年利約20%の高利回りを安定的に提供する。持続可能性には疑問の声も上がっていた。

▶️仮想通貨用語集

その後、「パニックに陥った顧客」が資金を回収しようと、Hodlnautから約214億円(1億5,000万ドル)を引き出し、大量の資金が流出したのに加え、保有するビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の価格下落による資産縮小も影響した模様だ。

裁判所に提出された文書によると、Hodlnautは現在、保有資産約124億円(1億2,200万SGD)に対し、398億円(3億9,100SGD)の負債を抱えていると見られる。

関連:テラUSD(UST)のディペッグ騒動 Terraform Labs社や取引所の対応まとめ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します