Astar(ASTR)、米国版バイナンスに新規上場

米国市場へ本格参入

日本発パブリックブロックチェーンのAstar Network(ASTR)は13日に仮想通貨取引所Binance.USに新規上場した。

ASTRの取引は日本時間14日21時(EDT 8時)より開始し、ASTR/USDとASTR/USDTの通貨ペアとして提供される。

Binance.USへの新規上場はASTRの米国初の取り扱いになる。バイナンスグローバル版には今年の2月に上場していた。

「Astar Network」は、異なるブロックチェーンの相互運用を実現するポルカドット(DOT)のネットワークに接続するための枠を勝ち取ったブロックチェーン。「dApp Staking」と呼ばれる、開発者に報酬を与えるシステムが採用されている。Astarの中核企業であるStake Technologies株式会社(本社:シンガポール)は日本人の渡辺創太氏が代表を務める企業で、日本・海外のブロックチェーン企業との協業を加速させているところだ。

関連国内NFT電子市場運営のメモリア、Astar Networkと提携

渡辺CEOは自身のnoteで「Web3においては現時点でアメリカが1番大きなマーケットであり、今後グローバルスタンダードなレイヤー1ブロックチェーンを目指す上でアメリカで高いプレゼンスを出すことは必要不可欠です。我々は日本発のパブリックブロックチェーンとしてアジアで勝負するだけではなく、将来的にはアメリカのチームが主力となるくらいアメリカでも本格的に勝負をしていきたいと考えています」と語っている。

関連Web3開発インフラ大手Alchemy、Astar Networkをサポート

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します