バイナンスCZ氏、欧州の仮想通貨規制案「少し厳しい」

欧州の仮想通貨規制案に見解

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのChangpeng Zhao最高経営責任者(通称CZ氏)は14日、欧州の仮想通貨規制法案「MiCA」に対する見解を語った。

MiCAの内容の大半は非常に良いと評価し、世界的な標準になることを期待するとしながらも、ステーブルコインに関するルールは「少し厳しい」と言及。「現在の案では、市場の流動性の75%を占める米ドルステーブルコインが受け付けられない」と課題も指摘した。

ステーブルコインとは

価格が安定している暗号資産の一種。一般的には米ドルなどの法定通貨に1:1の割合で価値を保つことを目指す。

米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

CZ氏の今回の発言は、フランスのパリで開催されているイベント「Binance Blockchain Week」で行われたもの。フランス政府でデジタル化や通信を担当する省に所属するJean-Noël Barrot氏と共に登壇し、仮想通貨規制やフランスに対する見解などを語った。

フランスについてCZ氏は昨年、バイナンスの本社を同国に設立する意向であると言及した経緯がある。現地メディアに対し、2022年にフランスで事業の認可を取得したいとし、実際に今年5月、同社はデジタル資産サービスプロバイダー(DASP)として認可されたことを発表した。

関連仮想通貨取引所バイナンス、フランスでライセンス取得

CZ氏はフランスについて、以下のようにコメントした。

非常に発展している国で、仮想通貨に好意的だ。欧州の仮想通貨のハブ(中心)であり、おそらく欧州以外にとっても中心的な立場にあるだろう。

また、すでにフランスにはバイナンスのメンバーが150人おり、年末までに数百人を新たに雇用する計画も明かした。

「MiCA」について

MiCAは「Market in Crypto Assets」の略で、欧州連合(EU)が2020年9月に発表した包括的な仮想通貨規制案。今年7月には、暫定的な合意に至り、正式な採択手続きを経る前に欧州理事会と欧州議会の承認を受けることが明らかになった。

ステーブルコインについては利用をEU圏内で制限しようとしているほか、保有者がいつでも無料で償還できるようにすることなどをルールとして定めている。

関連EU、仮想通貨の包括的規制法案MiCAで暫定合意

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します