バイナンスラボ、新ブロックチェーン「Aptos」に2回目の出資

前回の出資は3月

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのベンチャーキャピタル部門バイナンスラボは15日、新レイヤー1ブロックチェーンプロジェクト「Aptos Labs(アプトス ラボ)」に2回目の出資を行ったことを発表した。前回同様、出資金額は開示していない。

Aptos Labsは3月、7月に計2回の資金調達を発表。1回目は2億ドルで2回目は1.5億ドル。バイナンスが参加したのは3月のほうで、そのほかにもAndreessen HorowitzやTiger Global、Multicoin Capital、FTX Ventures、Coinbase Ventures、Franklin Templetonが投資家勢に名を連ねた。ブルームバーグによると、Aptos Labsの企業価値は3月から4倍となり、5,700億円(40億ドル)に達しているという。

関連Diem系ブロックチェーンAptos、FTXなどから200億円調達

Aptosは新たなスマートコントラクトプラットフォームとして、イーサリアム(ETH)ソラナ(SOL)のようなレイヤー1ブロックチェーンと競合。フェイスブックが開発した新たなプログラミング言語である「Move」を採用することによって、既存のネットワークからより多くの開発者を集める狙いがある。AIT3テストネットを先週終了し、メインネットのローンチは今年の第3四半期内に控えている。

関連Diem系ブロックチェーンAptos、AIT3テストネット今月から実施へ

今回バイナンスから新たに調達された資金について、「安全でスケーラブルなブロックチェーンの構築を継続するため、Aptosは新たな資金でチームを拡大し、革新的なレイヤー1インフラの開発をサポートする予定。また、エコシステムの取り組みとツーリングも構築していく」と説明された。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します