CoinPostで今最も読まれています

バイナンス、日本市場への再参入を検討か=報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンス、日本参入か

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが国内への参入を再び検討していることがわかった。関係筋の話としてブルームバーグが報じた。

関係者によれば、バイナンスは暗号資産交換業者として金融庁への申請を検討している模様。CoinPostがバイナンスに確認したところ、広報担当者は以下のようにコメントした。

規制当局とのどのような会話についてコメントするのは不適切だ。

しかし、我々は規制当局や政策立案者と連携して消費者保護とイノベーションを促進し、業界を前進させることにコミットしている。

また、CoinPostが取材した業界関係者(情報筋)によると、「バイナンスは再び日本進出を検討しているが、認可に関してはまだ不透明な部分がある」と回答した。

バイナンスは過去に2度、金融庁から資金決済法に基づく警告を発令された事例がある。しかし、最近では世界各国でのコンプラ強化が目立ち、イタリアやスペインで仮想通貨ライセンスを取得してきた。

過去の警告事例

金融庁が最初にバイナンスに警告を発令したのは2018年3月23日。国内での登録を行わずに国内居住者向けに日本語での仮想通貨取引サービスを提供していたことが要因だった。

これを受け、バイナンスは一時、日本語サービスの提供を停止したが、20年6月には日本語の選択肢を再開したことが確認されていた。

関連:バイナンスが再び「日本語対応」

その後、2021年6月末に金融庁は再びバイナンスに対して資金決済法に基づく警告を発令。声明では「インターネットを通じて、日本居住者を相手方として、暗号資産交換業を行っていた」としている。

関連:金融庁、バイナンスに2度目の警告

国際的なコンプラ強化

その後、2021年6月末に金融庁が警告を発令して以降、英国やドイツ、シンガポール、香港など各国の政府機関や金融当局がバイナンスの無登録状態でのサービス提供を批判。バイナンス側は一部サービスの停止やレバレッジの引き下げなどの措置を余儀なくされた。

一方で、規制当局からの動きを受け、バイナンスはKYCの強化やライセンスを取得していく方針を表明。チャンポン・ジャオ(CZ)CEOは「投資家保護を重要視しながら、規制機関とも協力しつつ持続可能なエコシステムを作っていく」とコメントしていた。

関連:バイナンスが規制強化で実施する「5つの対応」 CEOが記者会見

KYCとは

銀行など金融機関に口座開設する際に行われる本人確認手続きのこと。Know Your Customerの頭文字をとったものでサービスの利用者の本人確認手続きを総称した言葉。

仮想通貨を悪用したマネーロンダリング(資金洗浄)といった犯罪を防ぐため、資金の出入り口となる仮想通貨取引所も規制によりKYCが義務付けられている。

▶️仮想通貨用語集

なお、CZ氏は9月25日にもドバイにおける法的ライセンスの取得までのプロセスを振り返り、今後さらに多くの国と地域で同様の取り組みを展開していく姿勢を示していた。

これまでの時系列

21年9月28日:ドバイ到着、アポなしで仮想通貨企業と面会

21年12月:ドバイと覚書を締結。法的枠組みを作る為の合同タスクフォース設立

22年2月:ドバイ首長国のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム首長が法案を署名。仮想通貨法が施行される

22年3月:バイナンス、ドバイでライセンス取得

22年3月:バイナンス、ドバイブロックチェーンウィークを主催。参加者は5,000人突破

22年4月:アブダビグローバルマーケッツ(ABDM)の原則的承認を取得

22年9月:MVPローンチ。ドバイ拠点の従業員が400人突破。ドバイの仮想通貨企業も300社超に

今後もこのような取り組みを多くの国で再現するよう招待されている。これは始まりに過ぎない。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/16 火曜日
15:30
分散型5G通信事業者目指すHelium Mobile、登録者10万人を超える
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、登録者数が10万人を突破したと発表した。今年1月からの半年で7万人増加した形だ。
12:58
ブラックロックCEO、ビットコインの「デジタル・ゴールド」としての役割を評価
最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、仮想通貨ビットコインにデジタルゴールドの役割があることを認めた。
12:33
ビットコイン・カンファレンス、トランプ前大統領のため24億円を調達予定
仮想通貨カンファレンス「ビットコイン2024」は、トランプ前大統領のため約24億円の資金を集めるイベントを開催する見込みだ。
12:18
ビットコイン急反発で1000万円の大台回復、米大統領選のトランプ優勢など好感される
暗号資産(仮想通貨)相場は円建てで1000万円台を回復したビットコインが牽引し、現物ETF承認を控えるイーサリアムなど全面高に。討論会や銃撃事件などを経て、米大統領選におけるトランプ優勢が市場に好感されている。
10:20
トランプ氏、仮想通貨な肯定的な議員を米副大統領候補に選出
ドナルド・トランプ氏は、仮想通貨な肯定的なJ・D・バンス上院議員を米副大統領候補に選出。バンス氏は過去にSECの対応を批判したことがある。
10:09
イーサリアム現物ETF、23日に取引開始か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFの取引が、23日から米国で開始される可能性が浮上した。現在、ETF発行企業は申請書類の最終版を提出するよう要請されているという。
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧