CoinPostで今最も読まれています

クレディ・スイスCEOが釈明、憶測飛び交う「破綻危機」噂の背景は

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「全面的な戦略見直し」

スイスの金融大手クレディ・スイス・グループの将来を危ぶむ憶測が広がる中、同行のウルリッヒ・ケルナー最高経営責任者は9月30日、従業員に向けたメモで平静を保つよう呼びかけた。ブルームバーグが報じた。

クレディ・スイスのウルリッヒ・ケルナーCEOは、同行の強みを強調する一方で、全面的な戦略の見直しに向けて「正念場」にあると述べている。

ケルナー氏は、同行の「資本ベースや流動性の状況は強固である」と強調。史上最安値付近で推移している「日々の株価パフォーマンス」と混同しないようにと伝えた。また、10月27日の戦略見直しの発表まで、従業員には定期的に最新の情報を報告することを約束した。

戦略には、今年7月27日の発表を踏襲した以下のような施策が含まれるという。

  • ウェルス・マネジメントのフランチャイズと資産管理事業の強化
  • 投資銀行事業の縮小:アドバイザリー主導のビジネスで資本の軽減を図る
  • 証券商品事業の再評価:第三者資本の誘致
  • コストベースを中期的に約2兆2,800億円(155億スイスフラン)以下に抑制

クレディ・スイスは9月26日、「事業分離や資産売却の可能性を含む包括的な戦略の見直しが順調に進んでいる」との声明を発表したばかり。10月27日の第3・四半期決算発表時に詳細を発表する方針を示していた。

CDSの急騰

SNS上はクレディ・スイスが危機的状況にあると指摘する多くの投稿が週末にかけて多く散見された。

クレディ・スイスのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は先週9月30日に急上昇。これを受け、英フィナンシャル・タイムズ紙(FT)は、同行の経営幹部が週末(10月1~2日)にかけて大口の顧客や取引相手先の金融機関や投資家に連絡、同社の資本状況や流動性について説明したと報じた。

なお、クレディ・スイスはこの報道へのコメントを否定している。

CDSとは

クレジット・デフォルト・スワップの略で、金融派生商品(デリバティブ)の一種。

企業の債務不履行にともなうリスクが対象で、対象企業が破綻し金融債権や社債などの支払いができなくなった場合、買い手が金利や元本に相当する支払いを受け取る仕組み。

▶️仮想通貨用語集

同行の株価と時価総額の大幅な下落も懸念を高める要因となっている。

クレディ・スイスの9月30日時点の時価総額は約1兆4,770億円(102億ドル)で、昨年の3兆2,280億円(223億ドル)から半減。株価も同様に56%超下落して3.92ドルとなった。

出典:Trading View

クレディ・スイスはスイスに拠点を置く世界有数の大型ユニバーサルバンク。世界各国で事業を展開しているため、仮に財政破綻に陥った場合には、2008年のリーマンショック以上の金融危機を引き起こす可能性を危惧する声もある。

ユニバーサルバンクとは

投資銀行と商業銀行の双方のサービスを提供できる金融機関の種類。

▶️仮想通貨用語集

過去の不祥事

クレディ・スイスでは昨年、立て続けに大きな不祥事が発生した。倒産した英グリーンシル・キャピタルとの取引では、ファンドの閉鎖に追い込まれ、米アルケゴス・キャピタル・マネジメントの取引で巨額の関連損失を計上した。

クレディ・スイスは独立した調査で、同行のリスク管理とリスク認識が欠如していたこと、監督責任の遂行とリスク軽減及び強化策などが不十分であったと結論づけ、組織改革を含む戦略計画の作成に取り組むこととなった経緯がある。

関連:クレディ・スイス、長年にわたり9,000億円超の不正資金保有か

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧