CoinPostで今最も読まれています

バイナンス英国事業の共同所有者、「財務諸表が不正確」と申し立て 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「事業内容を正確に反映していない」と主張

Dimplxの取締役は、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスに属する英国企業の1つについて、2020年の財務諸表が不正確であると申し立てている。フィナンシャルタイムズが報じた。Dimplxは、バイナンスとの合弁事業として2019年に設立された英国企業で、バイナンス英国子会社の共同所有者である。

主にバイナンスの英国法人の1つBinance Digital(バイナンスデジタル)の財務諸表について、資産や負債、売上高を正確に反映していないと述べている形だ。

バイナンスデジタルは、2019年に「決済仲介事業者」として英国で法人化されており、バイナンスに関して、仮想通貨と様々な法定通貨(トルコリラ除く)間の取引を担当していた。

申し立て内容

Dimplxの取締役であるSimon Dingle氏とJoshin Raghubar氏は、同社の年次報告書で、バイナンスデジタルの2020年の会計報告には、不正確な点がいくつも存在していると主張している。

バイナンスの提出書類は、バイナンスデジタルが2020年末時点で約163億円(約1億ポンド)の「現金および銀行残高」を有しており、この額は債権者からの融資であると示すものだった。

しかしDimplxの取締役は、この1億ポンドはバイナンスデジタルが「取引手数料を支払う義務のある」ユーザーに代わって保有する残高だと考えられると説明している。

一方で、財務諸表には、会計年度中にユーザーが行ったどの取引についても、「売上高ゼロ」または「手数料ゼロ」と記録されていたと続けた。バイナンスデジタルは2020年度決算で、年度内に売上高も収益も記しておらず、このため同社は英国に税金を納めていない。

Dimplxの取締役は、Dimplxに割り当てられた株式資本が誤って計上されているとも主張している。Dimplxのバイナンスデジタルに対する所有権について、公正に決定するには、バイナンスデジタルのすべての取引、収入、負債、税金を正確に評価する必要があるという。

Dimplxは、同社が「裁判所の命令により保有株式を評価される権利、損害賠償を求める権利」などの法的権利を持っていることにも言及。ビジネス関係で生じた紛争について、バイナンスに対して訴訟を起こす予定であると述べている。

バイナンスは、訴訟の可能性を考慮して、今回のDimplxによる申し立てには「完全に応答することはできない」とコメントしている。また、「少数株主が、当社との合弁事業が実を結ばなかったことに失望していることは理解している」とも付け加えた。

バイナンスデジタルがbinance.comで取引するユーザーから取引手数料を徴収していたかどうかや、1億ポンドの出所については説明を避けた。

英国での状況

英国の金融行動監視機構(FCA)は2021年6月に、バイナンスグループの別の英国子会社Binance Markets Ltdに対して警告しており、英国で規制対象となる活動に従事することを禁じていた。

その際には、バイナンスが「全世界のグループ事業体の商号や機能」など、事業運営に関する基本的な情報を提供していなかったことを理由の一つとしている。FCAは、バイナンスのグローバル事業が「消費者に大きなリスクをもたらす、複雑で高リスクな金融商品を提供している」とも述べていた。

FCAとは

FCAとは、Financial Conduct Authority(金融行動監視機構)の略で、イギリスの金融を規制する機関。金融サービス業に携わる企業の行動を規制している。

▶️仮想通貨用語集

その後、バイナンスのChangpeng Zhao最高経営責任者(通称CZ)は今年3月、英国政府や財務省関係者らと会談した。これまでの問題点も認めつつ、今後は規制当局と積極的に関わっていく姿勢を強調したとされる。

関連バイナンスCEOのCZ氏、英政府関係者と会談

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧