イーサリアムクラシックが16%高を記録:米大手取引所Coinbase上場へ最終調整

Coinbase上場発表のETCが前日比16%高を記録
米大手取引所のCoinbaseは8月3日、自社のブログ上で、イーサリアムクラシック(ETC)上場に向けて最終調整をしていることを明らかにした。これを受けて、1600円台前半で推移していたETCは1800円台後半まで高騰。最近ではCoinbaseへの上場が報じられた通貨が軒並み上昇している。
Coinbaseとは
米最大手の取引所であり、企業価値が10億ドル(約1100億円)を超えるユニコーン企業。 仮想通貨口座などの利用者数は、2,000万人にのぼるとされる。三菱UFGフィナンシャル・グループが10億円を出資しており、日本市場への参入を表明したことが報じられた。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

イーサリアムクラシック(ETC)とは
プロジェクト「The DAO」のハッキング事件によるハードフォークで分裂した、イーサリアムの大元。 ハードフォークが実行される際、非中央集権的な暗号通貨を目指すとして一部の人達がハードフォークを拒否したことで誕生した。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

米大手仮想通貨取引所のCoinbaseは、自社のブログ上で、イーサリアムクラシック(ETC)の上場に向けた最終調整を進めていることを明らかにしました。

Coinbaseは今後、自社が運営する複数のサービス間でイーサリアムクラシックのサポートを段階的に実施していく予定です。

Coinbeseがイーサリアムクラシックのインバウンド送金開始へ

米大手取引所のCoinbaseは8月3日、自社のブログ上でイーサリアムクラシック(ETC)の上場へ向けた最終調整をしていることを明らかにしました。

(ETCサポートに向けた)最終テストは8月7日までに完了する予定です。

その段階で、ETCのインバウンド送金(顧客のウォレットからCoinbase上のウォレットへの送金)の受け入れを開始する予定です。

ETCの取引を開始するのに先立ち、Coinbase ProとCoinbase Primeを通じて24~48時間のインバウンド送金を受け入れます。

Coinbase ProとCoinbase Primeで開始されるETCのサポートは、自社のその他のサービスでも段階的に実装される予定です。

Coinbase Consumerへの上場は、ProとPrimeへの上場後、流動性が十分に確保される1〜2週間後になる予定です。

Coinbase上場発表を受けてETC価格は前日比16%高に

1600円台で推移していたETCですが、Coinbase上場の発表を受けて1800円台まで高騰し、一日で約16%高を記録しました。

出典:coingecko.com

6月には、CoinbaseがETCの上場を示唆したことから、ETC価格が約15%高騰しました。

また、7月にはADAなど5通貨の新規上場検討を自社のブログ上で発表したことで、これらの通貨が一時的に高騰しました。

最近はCoinbase上場に関するニュースが報じられた通貨の価格が軒並み上昇しており、Coinbaseの動向に投資家の注目が集まっています。

CoinPostの関連記事

米最大手取引所CoinbaseがADAなど5通貨を追加検討|直後に通貨価格上昇
Coinbaseは新たにADA、BAT、XLM、ZEC、ZRXを新たに追加する方針を発表しました。市場の規制が厳しくなる中で、Coinbaseが新たに通貨を上場させるべく、金融機関との調整を進める方針を示したことを、市場はポジティブに受け止めています。
6/21(木)|Coinbase上場予定のETCが一時高騰・株式市場ではコインチェック認可期待が台頭か
仮想通貨市場 テザー社の「USDT発行裏付け資金」の問題に進展があり、疑惑払拭への第一歩となったことで、BTC価格は74...
from=in_article

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加