CoinPostで今最も読まれています

マスク氏のツイッター社買収完了 米トランプ前大統領ツイッター復帰の可能性も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マスク氏のツイッター買収成立

米国の著名投資家であるイーロン・マスク氏は27日、SNS大手ツイッター(Twitter)社の買収を完了した。

マスク氏はツイッター社の敵対的買収を今年10月末に完了する見込み。ユーモアを兼ねて、シンクを持ちながらTwitter本社へと入る(sink in)動画を投稿した。

また当初の計画通り、これまで公開されてきた株式の非上場化も決行される。ツイッター社の公開株式は11月初旬までに、ニューヨーク証券取引所(NYSE)など関連市場で上場廃止扱いとなる。

ツイッターのBio欄を「Chief Twit」に変更したマスク氏は、さっそくTwitter経営陣の人事に着手し、Parag Agrawal CEO(最高経営責任者)やNed Segal CFO(最高財務責任者)、そしてVijaya Gadde CLO(最高法務責任者)の解任を命じた。

これに際して、マスク氏は以下のようにツイッターで声明を発表した。

私がツイッターを買収した理由は、人類の未来にとって、決して暴力に訴えることなく、健全な形で様々な信条を討論できるデジタルかつ共通の広場(タウン・スクエア)を持つことが重要だと考えたからだ。

現状のSNSは拡散力の高さゆえに、極右と極左のエコーチェンバー(自分と類似した思想が集まり増幅する場所)に分裂し、さらなる憎悪を生み、社会を分裂させかねないという大きな危険性がある。

また、伝統的なマスメディアも閲覧数(クリック数)を追求する過程で、このような極論を煽動し、収益をもたらすあまり対話の機会が失われていたように感じる。

このような理由で私はツイッターを買収した。お金を稼ぐ目的でもなく、愛する人類を助けるために決断した。このような目標を目指す過程で最善を尽くしたとしても失敗する可能性が非常に高いことは重々認識しており、だからこそ謙虚に行っているつもりだ。

しかし、誰でも自由に参加できるツイッター上だとしても、”どんな発言をしても罰せられない”ような地獄絵図にするわけにはいかない。

各国の法律を遵守することに加え、我々のプラットフォームはすべての人を温かく迎え入れ、好みに応じて好きな体験を選択できるようでなければならない。

関連:物議を醸す、イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

トランプ氏、ツイッター復帰か

言論の自由を重視するマスク氏による買収成立により、2021年1月にツイッターアカウントを凍結された米ドナルド・トランプ前大統領が、ツイッター運用で復帰できる可能性が浮上している。

トランプ氏は2021年1月6日、米大統領選挙の結果に不服を感じたデモ集団が過激化して米議会に突入した「米連邦議会襲撃事件」を扇動したという理由で、ツイッターのアカウントを凍結(事実上の永久追放)されていた。

1月6日事件は現在も、米議会の諮問委員会で議論が続くなど、未だに米国で物議を醸すセンシティブな題目となっている。

当時のツイッター社CEOだったジャック・ドーシー氏は「健全な会話(発言の自由)の促進に最終的に失敗した。結果として誇れることではないが、やむを得ない決断を迫られた」と説明していた。

Twitter上での様々な発言で世論を二分したトランプ氏だったが、ツイッター上での同氏の追放は、言論の自由に関する議論を呼んだ。

Twitter社のアカウント凍結に続き、フェイスブックやユーチューブなど大手SNS各社も相次いでトランプ大統領のコンテンツを非公開にする動きが発生。大手テック系企業による言論の規制が行われたとして、米保守派の支持層からは批判が強まっていた。

その後、トランプ氏自身でSNSプラットフォーム「TruthSocial」を設立したり、保守派向けのSNSプラットフォーム「Parlor」などがローンチされた。ツイッターに代わる代替的なSNSプラットフォームを目指したが、アマゾンウェブサービスからサービスの非対応が実施されるなど、一部の支持層を除き、マスアダプションに達したとは言い難い。

関連: TwitterのドーシーCEO、トランプ大統領のアカウント凍結騒動に言及

仮にアカウントの凍結が解除された場合、トランプ氏は代替手段として活用する「Truthプラットフォーム」における投稿をツイッターにも掲載する方針を表明している。

バイナンスもマスク氏の買収を支持

なお、買収には大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスなども出資する形で参加する。バイナンスのCEOであるチャンポン・ジャオ(CZ)CEOは、以下のようにコメントした。

イーロンのツイッターに対する新たなビジョンの実現を支援することができ、大変嬉しく思う。

仮想通貨とブロックチェーン技術の利用と普及を促すため、我々はソーシャルメディアとWeb3を結ぶ役割を担っていきたい。

関連:バイナンス、マスク氏のツイッター社買収支援は変わらず

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった芝犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア