CoinPostで今最も読まれています

バイナンスラボ、Suiブロックチェーン上の12プロジェクトを支援へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

第5回インキュベーションプログラム

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのVC部門「バイナンスラボ」は10日、5回目となるインキュベーションプログラムの対象に、Suiブロックチェーン上のEVMプロジェクト「HANA EVM」を含む12のプロジェクトを選出したと発表した。

同プログラムは「Web3の未来を形作る革新的なブロックチェーンプロジェクト」を支援することを目的としている。年に2回の公募があるが、今回は900を超えるプロジェクトが応募し、最も競争が激しかったという。

2018年に開始されたプログラムでは、Polygon、Perpetual Protocol、Dune Analyticsなど、Web3ネイティブの50以上のプロジェクトの育成支援を行なってきており、有望なスタートアップの登竜門となっている。

今回選出されたプロジェクトは以下の通り。

  • Bracket Labs Group:Web3向けDeFiデリバティブ
  • DappOS:ユーザー向け仮想通貨インフラ管理
  • HANA EVM:*詳細は後述
  • Kryptoskatt:会計、ポートフォリオ管理、税務報告サービス
  • Mind Network:データの相互運用と自動プログラム化
  • Notebook Labs :Web3のためのIDインフラ構築
  • Ontropy :Web2からWeb3へのデータ転送方法を再構築
  • PIP:Web3決済
  • Sandbags Protocol:Web3のセキュリティサービス
  • The Harvest:無料プレイのオンラインバトルゲーム
  • Wallet Guard:Web3セキュリティ教育やツールを提供
  • zkPass:ゼロ知識証明に基づく分散型KYCソリューション

2022年8月時点でバイナンスラボの運用資産(AUM)は約1兆円(75億ドル)、投資の収益性を測る指標である「投下資本倍率(MOIC)」は業界最大規模のベンチャーキャピタルとして知られる。

インキュベーションとは

英語表記は「incubation」。この英単語が「卵が孵化する」という意味であることから、ビジネス業界では「起業や新事業の創出を支援し、その成長を促進させること」を表す。

▶️仮想通貨用語集

関連:バイナンス、業界支援で事業再生ファンド設立へ

HANA EVMの概要

HANA EVMは、Suiブロックチェーン上のイーサリアム仮想マシン(EVM)で、イーサリアムのツールを使ってSui上のスケーリングや流動性アクセスを可能にするクロスチェーンソリューション。

従来のEVMの互換性と異なる点は、ソリューションが同期的な相互運用性を実現したことだという。「コントラクトとしてのEVM」というアーキテクチャとプログラミング言語Moveによるトランザクションのフォーマットにより、EVM互換アプリケーションとSui搭載アプリケーションが、一つのブロックチェーンに共存することで、両方のエコシステムが共依存的に発展することを可能にする。

また、UniSwap、SushiSwap、Aave、Curveなど、イーサリアムのアプリをコードベースの変更なしにSui上で実行することが可能とのことだ。

テクニカルペーパーでは、HANA EVMはレイヤー2やサイドチェーンではないと強調している。Suiレイヤー1の上にネイティブに構築されてているため、本質的にトラストレスなEVM実行環境が実現されるという。

HANA EVMの実行エンジンはMove言語で書かれたインタプリタであり、Suiブロックチェーン上の他のコントラクト同様、スマートコントラクトとして展開される。

HANA EVMのアーキテクチャは、ネイティブチェーンであるSuiのセキュリティを自由に借用できるように構築されている点で、他の相互運用ソリューションとは異なるという。これまで数々のハッキングの被害に悩まされた複雑なブリッジ機能に依存する必要がなくなるため、セキュリティ面で優れていると開発者は主張する。

EVMとは

イーサリアム仮想マシンの略。スマートコントラクトを実行するための「翻訳機」として機能する。

▶️仮想通貨用語集

関連:Aptos、Sui、Linera―注目のDiem(旧Libra)系L1チェーンを比較|後編

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
暗号資産交換業者「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧