CoinPostで今最も読まれています

米コインベース「XRPの証券性について、SECは公正な事前通知を怠った」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米コインベースの法廷助言書

米国の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは14日、米リップル社の暗号資産(仮想通貨)XRP販売を巡る裁判について、法廷助言書を正式に提出した。

米証券取引委員会(SEC)から公正な事前通知が無かったとする、リップル社の主張「フェアノーティスディフェンス」を支持する内容となっている。

リップル側は本訴訟で、SECからXRPの法的地位について、長年に渡り公正な通知(フェアノーティス)がなかったことをSECの落ち度として指摘してきた。

同社の主張は、米国の業界団体ブロックチェーン協会やフィンテック企業InvestReady、法律事務所Investor Choice Advocates Networkなどから支持を集めている。リップル社のブラッド・ガーリングハウス最高経営責任者によると、11月4日時点で12の法廷助言書を集めていた。

法廷助言書(Amicus Brief)とは

米国の法廷における制度。裁判当事者以外の第三者が、公式に意見書を提出することを可能にするもの。その内容は裁判で考慮される。語源は「裁判所の友」を意味するラテン語「アミカスキュリエ」から。

▶️仮想通貨用語集

14日付の文書でコインベースは、「政府機関は、行為が違法であるという公正な通知を行わずに、その行為を法律違反として非難することはできない」ことは、憲法によって保証されている基本的な保護の1つと主張している。

SECは、仮想通貨の数十億ドル規模の取引市場が発展するのを見守る一方、これらの資産を証券に分類すべき、厳しい規制対象であると明言しなかった。

リップル社が提唱するフェア・ノーティスの原則は、SECの執行権の行き過ぎに対して、憲法上必要な歯止めとなるものである。

SECとリップル社の訴訟

米コインベースは2019年2月にXRPの取扱いを開始。しかし、20年12月にSECが、XRPを未登録証券として販売したとして米リップル社、Garlinghouse CEOおよび共同創設者のChris Larsen氏らを提訴したことを受けて、21年1月にXRPの上場を廃止した経緯がある。

こうしたSECの予期せぬ訴訟の影響により、「XRPの市場価値は150億ドル(約1兆5,000億円:当時)下落し、コインベースの顧客は大きな損失を被った」と米コインベースは指摘。さらには「適切な保護のない海外市場へ、顧客流出を招いた」と批判した。

コインベースはまた、SECが仮想通貨証券に関する新たな規則づくりに消極的である一方で、法の執行を優先するアプローチを取ってきたとも指摘している。

同社は22年6月に、SECに対して「実行可能な規制の枠組みの開発」を求める嘆願書を提出。現行の証券取引法が仮想通貨の管理には適していないため、「最終的に、新しい産業における米国のイノベーションに過剰なコストがかかる」と主張していた。

リップル社とSECは9月13日、裁判を行わずに書面のみで審理を行う略式判決の申し立てを提出した。今後の書類の提出に関するスケジュールについても双方合意。リップル裁判に詳しい米国の弁護士James K.Filan氏は、2023年3月31日かそれ以前に、米連邦地方裁判所のアナリサ・トーレス判事による略式判決が下ると予測している。

関連:米ブロックチェーン協会、有価証券めぐる裁判でリップル社を擁護

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア