CoinPostで今最も読まれています

米ブロックチェーン協会、有価証券めぐる裁判でリップル社を擁護

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米ブロックチェーン協会も助言書提出

米国の暗号資産(仮想通貨)関連業界団体ブロックチェーン協会は28日、XRP有価証券問題に関する裁判で、法廷助言書を提出した。SECの主張内容に異議を唱え、リップル社側を擁護するものだ。

ブロックチェーン協会は「SECは証券取引法を極端に広く解釈しており、このことは業界内外に壊滅的な影響を与えるだろう」と申し立てている。

SECは、「トークンを売却する前に最初の購入者がどのような権利を保持していたか、二次的に購入したユーザーがなぜそのトークンを購入したか、トークンがどのように使用されたかなどにかかわらず、トークンが証券であり続けると考えているようだ」と続けた。

「トークンはソフトウェアの一部であるが、何の法的権利もなく譲渡されたソフトウェアは、投資契約ではない」と論じている形だ。

法廷助言書(Amicus Brief)とは

米国の法廷における制度。裁判当事者以外の第三者が、公式に意見書を提出することを可能にするもの。その内容は裁判で考慮される。

▶️仮想通貨用語集

「多くのトークンは投資契約の範囲外で機能」

ブロックチェーン協会は、仮想通貨業界における多くの事例は、トークンを投資契約の範囲外で使用しているとして、次のように述べた。

市場参加者は、様々な方法でトークンを取得し、様々な目的でトークンを使用する。

そうした方法や用途の多くは、商品やサービスの支払い、知的財産権の伝達、在庫追跡などの機能、あるいはあるブロックチェーンプロジェクトにおける特定の目的のためなど、トークンの一次販売や配布とは何の関係もないものだ。

SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は、「多くの仮想通貨は証券だと考えられる」との見解を表明しているが、この発言にも異議を唱えるものとなっている。

関連米SECゲンスラー委員長「PoS系仮想通貨が証券該当の可能性」

さらに同協会は、SECが明確なガイドラインを提供せずに「法的執行により規制を行っていること」「SECのこれまでの声明には一貫性がなく、不完全で、混乱を招くようなものであったこと」も問題視した。

SECの主張の問題点

ブロックチェーン協会の政策部門長を務めるJake Chervinsky弁護士も、法廷助言書を提出したことを報告。その論点のいくつかを解説している。SECの主張には以下の問題点があると指摘した。

  • 実際に金銭を投資していなくても、「金銭の投資」がありうるとする点。
  • 企業がなくても「共通事業」が存在しうるとする点。
  • 流通市場のトークン購入者が利益を予期していなくても、「利益の期待」が存在しうるとしている点。
  • 買い手がトークンを入手しようと決めた理由に関わらず、また、買い手がトークン発行企業に関する法的権利を持たない場合でも、発行企業の(買い手の利益を増やすための)努力への信頼があり得るとする点。

様々な企業が意見書提出済

リップル社とSECの訴訟については、ブロックチェーン協会以外にも複数団体が法廷助言書を提出している。

具体的には、XRP保有者のグループや、XRPに特化した決済アプリSpendTheBits、法律事務所Investor Choice Advocates Network、XRPを決済手段として導入している民間航空会社TapJets、リップル社のフィリピンにおける提携企業I-Remitなどが挙げられる。

例えば、TapJetsやI-Remitは、XRPが決済の合理化と取引の大幅な簡素化に貢献していると申し立てていた。

追記:コインベースも支持へ

米仮想通貨取引所コインベースは上述したブロックチェーン協会のように、法廷助言書を連邦裁判所に提出した。SECが明確な仮想通貨規制ガイドラインを提供していないことを指摘している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧