CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムL2「StarkNet」、トークン(STRK)がメインネット公開 分散化計画の進展

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

StarkNetの進展

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のスケーリングソリューションを開発するStarkWare社は17日、StarkNetトークン(STRK)をメインネット上で公開したことを発表した。

トークンセールやエアドロップ(無料配布)などの配布プランはまだ公表されていないため、詐欺に注意する必要がある。

StarkNetは、オフチェーンで処理した数百件のトランザクションを1つの暗号証明に集約し、イーサリアム・ブロックチェーンに保存する「ZKロールアップ」を使用。競合のOptimisticロールアップより不正耐性が高く、送金の処理時間が短い等の利点がある。

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

STRKトークンの発行は、イスラエルを拠点にするStarkWare社が開発するL2(セカンドレイヤー)「StarkNet」の分散化に向けた重要なマイルストーンとなる。

これは、ステーキング機能やネットワークのアップグレードに関するガバナンス投票の開始時期が近づいていることを意味する。StarkNetは現在、「再生計画(Regenesis Plan」の最中にあり、スマートコントラクト構築をより簡単にする「Cairo 1.0」リリースを年末に控え、23年第1四半期中のCairo 1.0サポートに向けたアップグレードを予定。おそらくStarkNetの正式ローンチはその後になるだろう。

出典:StarkWare

StarkWare社は22年6月のシリーズDにて、約1兆円(80億ドル)の企業評価額で約127億円(1億ドル)の資金を調達した。そのため、STRKトークンに対する市場の関心も高いが、株式とは異なるのでStarkWareという企業への一切の影響力はない点に留意したい。

11月10日にStarkNetのエコシステムの成長を支援する非営利団体StarkNet財団が設立されており、具体的なトークン配布計画は同財団より発表される。

StarkWare社の研究は、イーサリアム(ETH)のエコシステムで重要な役割を果たしてきた。イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏が9月に公開した「レイヤー3(L3)」コンセプトは、StarkWareのレポート「L2からL3、スケーリング技術のフラクタル構造」に基づいたもの。

同氏が11月に公開した最新版ロードマップでは、従来取り組んできた取引の並列処理技術「シャーディング」の記載が消え、OptimisticロールアップやZKロールアップ(SNARK)を軸に処理能力向上を目指す形に変化していた。

関連:ヴィタリック氏、イーサリアムのロードマップを更新

STRKトークン設計

22年7月に公表されたStarkNetトークン(STRK)の初期発行計画によると、STRKはネットワーク手数料(ガス代)の支払いのほか、2023年に開始予定のガバナンス投票、ステーキングなどの使用方法(ユーティリティ)が設けられる。

出典:StarkWare

StarkNetトークンの総発行量は100億STRK。総発行量の17%はStarkwareの初期投資家、32.9%は主要な貢献者・開発パートナーに配布される。

総発行量の50.1%(50.1億STRK)はStarkNet Foundationに配分され、コミュニティに対して以下のように割り当てられていた。

  • 9%:コミュニティ規定の検証作業参加開発者
  • 9%:22年7月以前にEthereumからStarkNetへETHを移動した人へのコスト還元
  • 12%:StarkNetプロトコル開発の研究助成金
  • 10%:エコシステム発展に向けた戦略基金
  • 2%:大学、NGOなど機関や組織への寄付
  • 8.1%:未設定(コミュニティに委ねられる)

StarkWareのコア貢献者と初期投資家の配分は約4年かけて徐々に配布される予定。当初は完全にロックアップされ、1年経過した時点から段階的にリリースされる。ロックされたトークンは投票やステーキングに使用することができるが、売却や他人への譲渡はできない仕様だ。

関連:イーサリアムL2「StarkNet」、独自トークンを発行 運営を分散化へ

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧