仮想通貨はすでに国際金融に影響を与えている:大手市場調査会社

金融業界に与える影響
仮想通貨は、国際間の取引の簡易化など、劇的に金融業界を効率化するポテンシャルを秘めている。特にビットコインは、不安定な経済状況にある国にとって貨幣に代わる有効な手段になりえると市場調査会社のInfiniti Researchは分析している。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

金融業界に与える影響

仮想通貨は、劇的に金融業界を効率化するポテンシャルを秘めている。とりわけビットコインは、不安定な経済状況にある国にとって貨幣に代る有効な手段になりえると市場調査会社のInfiniti Researchは分析しています。

Infiniti Research社は世界中の産業機械、化学、IT、自動車、エネルギーなど様々な分野の調査を行なっており、主要な仮想通貨とそれが与える影響についての調査を行いました。

調査書では、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨取引は即時決済のため、時間の節約につながると述べられています。

もし銀行がブロックチェーン技術を取り入れたら、「他の決済手段に肩を並べ、ユーザーにも恩恵を与えることができる」と主張しています。

また、この調査は4つの主要な通貨、ビットコイン、イーサリアム、モネロ、ダッシュについても言及しており、それぞれの長所を強調しています。

例として、モネロは、プライバシー、安全性、追跡不可能性に注力しており、ユーザーの取引の匿名性を保っています。

また、同じように、ダッシュは「Darksend」と呼ばれるトランザクション形式をとっており、高い匿名性を実現しています。

さらに、経済状況が不安定な時にビットコインが安全な避難先として機能する例の一つとして、ベネズエラを取り上げています。

仮想通貨が広範囲に渡って受け入れられなくても、ベネズエラのような国ではビットコインが法定通貨よりも安定している場合もあります。これはビットコインが将来、法定通貨に変わる有効な通貨になり得ることを示しています。

経済危機に陥れば、その国の法定通貨の価値は大きく下がってしまうことがありますが、この欠点はベネズエラだけに当てはまることではありません。

2016年、トルコの通貨”リラ”はクーデターの影響により、また、イギリスの通貨ポンドは、EU脱退の影響により、両者とも価値が下がっており、この危険性は避けられません。

また、ギリシャが財政破綻した際に、多くの人が避難先をビットコインに選んだため、ビットコインの需要が高まり価格が上昇したこともあります。

仮想通貨はまだ広く受け入れられているわけではありませんが、国境を超えた取引を簡易化するなど、すでに国際金融に影響を与えていると同社レポートは締めくくっています。

CoinPostの関連記事

ビットコインは迫り来る世界金融危機に打ち勝つことができるか
リーマンショックを機に生まれたビットコインが、本来の設計思想通りに経済危機を乗り越えられるかは、ビットコインユーザーの手に委ねられているのかもしれません。
今後の仮想通貨の発展を支える「4つの条件」と「条件達成による影響」とは
ビットコインをはじめ仮想通貨が社会の中に浸透し、発展して行くには、・ビットコインETFの承認・米国の規制整備・技術の拡張性の向上・新興国や若年層のニーズに応える、この4つの課題をクリアしていかなければならない。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用