Kim Dotcom氏など三者がアメリカ経済に対する見解を示す

実業家であり、政治活動家、ミュージシャンでもあるKim Dotcom氏は、100%アメリカ経済は崩壊するので、仮想通貨や金を購入しリスクヘッジするべきだと主張。

マクロ経済学者であるDesmond Lachman氏は現在の金融市場の状況がリーマン・ブラザーズの経営破綻前よりも懸念すべき状況で、経済崩壊や金融市場危機が起こる可能性を危惧している。

アメリカの経済評論家Peter Schiff氏は債券市場や株式市場、住宅市場がバブルであり、またアメリカ経済そのものが1つの巨大なバブルであると言う。

株式市場や債券市場の下落、債務不履行に対応しなければならないだろう。

と述べ、さらに量的緩和政策はアメリカドルの状況を悪化させるだけだと考察している。

参考記事:Peter Schiff Talks Economic Collapse, Kim Dotcom Maps Crypto ‘Plan’, Urges Shift to Bitcoin

CoinPostの関連記事

米国債が崩壊する前に、ビットコインと金へ投資せよ|Kim Dotcom氏が過激発言
Kim Dotcom氏は、ビットコイン提唱者でもあり、米国政府が毎年、国債へ1兆ドル増やし続ける反面、返済能力がないとの自論の元、価値の保存として、ゴールドやBTCへの投資を促しています。
仮想通貨アルトコインの価格急落も、将来性の判断は時期尚早|CNBC投資番組内
仮想通貨市場は14日、ビットコインを中心に一時的な上昇が見られたものの、再度相場が反落し、市場全体が再び下落ムードに。アルトコインとの下落率に顕著な差が見られ、月間のアルトコイン市場の下落率では、ETF延期に次いで2番目に大きな急落相場となった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用