CoinPostで今最も読まれています

米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

5日の米NY株式市場では、ダウは前週末比482ドル(1.4%)安で取引を終えた。

米11月ISM非製造業景況指数が市場予想を上回ったことで、サービス業および米経済の堅調さを示す一方、金融引き締め懸念が再び強まった。市場が織り込む値以上に政策金利が上昇する可能性が示唆されたこともネガティブだった。

一方、中国のゼロコロナ政策の実施的な規制緩和が、大規模な抗議デモの発生していた同国の景気悪化と政情不安懸念を後退させ、米株指数は時間外取引で上昇する場面もあった。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比1.2%安の17,040ドル。

BTC/USD日足

13日は消費者物価指数(CPI)を、14日には米連邦公開市場委員会(FOMC)発表を控えることもあり、様子見基調となりやすいか。

英スタンダードチャータード銀行のグローバル研究責任者であるEric Robertsen氏は、暗号資産(仮想通貨)に懐疑的な立場を示す一人だ。

2023年に、ビットコイン(BTC)が5,000ドルまで下落する可能性があると論じた。米CNBCが報じた

根拠として、FTXおよびヘッジファンドのアラメダ・リサーチ破綻の影響で、翌年以降も暗号資産(仮想通貨)取引所が流動性不足に陥り、さらなる破綻の連鎖や投資家の信頼崩壊につながるとの見立てだ。

一方、安全資産とされるゴールド(金)価格については、相場の不確実性からの避難先として資金流入が加速した場合、1オンス=2,250ドルまでの上昇する可能性があると主張している。同シナリオには、「株式市場の弱気相場継続と、株式と債券価格の相関関係が再びマイナスに転じる」ことが含まれる。

なお、Glasssnodeのデータによれば、ビットコインの実現利益と損失比率が過去最低を記録した。実現損失は含み損の損切りを示したもので、実現損失は利益の14倍を示した。過去の歴史では、いずれも底値圏を示す水準となる。

Glassnode

アルトコイン相場

アルト市場の個別銘柄では、ライトコイン(LTC)が前日比4.5%高と続伸。前月比では19.2%の逆行高となった。ピアツーピア決済企業MoneyGram Internationalのサポート発表などが材料視された。対応するのはビットコイン、イーサリアム、ライトコインの3種類のみ。

関連:米送金大手マネーグラム、ビットコインなどの仮想通貨取引機能をアプリに導入

また、国内上場発表のあったアクシーインフィニティ(AXS)が前日比19.9%高となった。AXS価格は21年11月に過去最高値の171ドルを記録して以来大幅に下落。22年11月には5ドル台まで落ち込んでいた。

アクシーインフィニティは、NFT(非代替性トークン)のモンスターを活用した3on3のカードバトルによって世界中のプレイヤーと対戦可能なブロックチェーンゲーム。生活費が稼げるとしてフィリピンなど発展途上国を中心に人気を博し、20年夏頃に隆盛を極めた。

AXSはアクシーインフィニティ上のゲーム内通貨としての役割のほか、ステーキング、エコシステムの方針を決定するためのガバナンス投票用トークンとしても用いられる。

これまで国内で取り扱いがなかったが、大手取引所であるbitbankへの上場を発表したばかり。7日に取り扱い開始される予定だった。

関連:ビットバンク、アクシーインフィニティ(AXS)取扱い開始へ

預入・引出(対応チェーン)は、イーサリアムネットワーク上のERC20トークンのみ対応となり、Roninネットワークには未対応。

アクシー公式は5日、段階的な分散化促進のための「Axie Contributor Initiative」のキックオフを発表した。

アクシー内のデジタル国家における投資家およびコントリビューター(貢献者)に対するイニシアティブを設計するもので、過去数か月間に渡りフレームワークを構築してきた。今後、コントリビューターによるコミュニティ評議会を設立し、権限を与える見込み。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア