仮想通貨リスク、待望の独自ブロックチェーン「Lisk Core 1.0.0」公開日程を発表|今後の将来性は?

Lisk
Liskのメインネット公開日程
待望の「Lisk Core 1.0」のメインネットへのリリースが、Lisk公式ブログ上で発表された。予定では8月29日、欧州時間午前11時以降になるとされる。
Liskとは

分散型アプリケーションプラットフォーム「dApps」の機能を持つ。

スマートコントラクトの記述言語に、メジャーなプログラミング言語である「Javascript」を導入、Microsoftとパートナーシップを締結したことでも話題に。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Liskのメインネット公開日程

今年2月に、ロゴやウェブサイトをはじめとする大規模なリブランディングを行ったLiskですが、コミュニティから待ち望まれていた、「Lisk Core 1.0」のメインネットへのリリースが、遂にLisk公式ブログ上で発表されました。

Liskは、分散型アプリケーション(dApps)構築のためのプラットフォームで、プログラミング言語に開発者の間ではメジャーなJavaScriptを採用しています。

サイドチェーン上でスマートコントラクトを構築でき、セキュリティ強化と処理能力の向上の面において、大変優れています。

「スピードよりもクオリティ」を重視し、セキュリティを徹底するため、開発ロードマップの当初の予定よりも遅れていたLisk Coreの開発ですが、ブログによると、メインネットへの移行は、6,901,027番目のブロックに到達する時点で、予定では8月29日、中央ヨーロッパ夏時間午前11時以降になるとのことです。 

このリリースに伴い、すべてのLisk メインネットのノードは、Lisk Core 1.0にアップグレードされる必要があります。

この移行のためのブロックは、時間枠、取引所、エコシステム内の調整や利用できるリソースなど、さまざまな要素を考慮にいれて決められています。 

Lisk Core リリースの重要性

Lisk Core 1.0のリリースは、Liskコミュニティにとって節目となる重要な出来事です。

大幅に改善された品質保証プロセスを経た初めてのリリースであり、Lisk開発本部とLiskコミュニティが 一丸となって、膨大な量のコミットと相互評価による問題処理を行い、数ヶ月以上続いたベータネット段階から、二つのテストネットを経て、最高のコードの質と安定性を実現させた努力の結晶で、Lisk開発チームが自信を持って公開するものです。

Lisk Core 1.0には、新たなAPIデザインやP2P通信レイヤーが含まれ、トランザクションに、メッセージを含むことのできるデータフィールドなど、新しい追加機能が搭載されています。 アトミックブロック書き込み、体系的なテストスイート、JavaScript ES6に移行されたコードも含まれています。

また、Liskエコシステムには、開発者向けのLisk Commandや一般ユーザー向けのLisk Hubなどのいくつかのプロダクトがありますが、そのすべてのプロダクトに新しいAPIとの互換性の調整が施され、最新バージョンのLisk Coreに対応するためのコードも公開されています。

8月29日のLisk Core 1.0移行当日には、スムーズな移行を行えるよう Liskエンジニアチームが待機して、調整と監視を行いますが、バグ等の影響により紛失したブロックがあることも考えられるため、ターゲットブロックに到達する、より正確な時間を逐次、公表しコミュニケーションを絶やさないようにすると、ブログでは述べています。 

また取引所とも密に連絡を取り合い、出入金への影響を最小限にとどめる努力はするとしていますが、移行の前後それぞれ24時間は、トランザクションを控えた方が良いと、コミュニティに呼びかけています。

Liskの将来性

ブログからは、Lisk開発チームのプロジェクトに対する真摯な姿勢と、Lisk Core 1.0がもたらす可能性に期待する熱気が伝わってきます。

Liskプラットフォームで使用される仮想通貨Liskは今年、1月31日に、国内大手取引所であるビットフライヤーへ上場し、一時63.6%という驚異的な高騰を見せています。

現在の時価総額は25位ですが、マイクロソフトAzureとパートナーシップを結ぶなど、市場では信頼性の高いプロジェクトと認識されているとともに、熱心なコミュニティも存在します。

CEOのMax Kordek氏によると、ここ2年間は、コードの堅牢さ、安定性や効率性などのバックエンド機能の開発を地道に重ねてきたLiskですが、ここにきて、ようやくユーザーが見える部分のインターフェースをはじめとする、使用体験機能を充実させる段階にたどり着いたと言えるでしょう。

Liskコミュニティやユーザーの要望に逐一、耳を傾ける姿勢を貫き、開発へ反映させていく方針だという、Kordek氏のプロジェクトとコミュニティに対する誠実な姿勢に溢れた言葉からは、エコシステム全体を利することを見据えた、長期的な視点が垣間見えます。

強力なアップグレードを間近に控えたLiskが、これからどのような発展を遂げるか、興味深く見守っていきたいと思います。

CoinPostの関連記事

仮想通貨開発格付けDPレーティング|同率1位にETH、EOS、LISKなど7プロジェクト
調査格付け機関DPレーティング社が、仮想通貨のトークン開発活動監査の最新レポートを発表。イーサリアム、イオス、カルダノ、トロン、リスク等が、同率首位の評価を獲得した。
【Vol.1】Liskインタビュー:リローンチとロードマップについて
Liskリブランディング前にCoinPost編集部がCEO Max氏に対し独占インタビューを行いました。Vol.1では注目されている近日予定のリブランディングとロードマップについての情報をお届け致します。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加