ビットコイン先物にて信用取引の導入予定はなし|最注目のBakkt CEOが明かすその理由とは

「Bakkt」CEO:レバレッジ取引は非対応
米国ニューヨーク取引所の親会社が運営する新たな仮想通貨取引所「Bakkt」のCEOは、信用取引(マージントレーディング)は導入しないと言及。その理由について述べた。

ビットコイン現物取引と先物取引もレバレッジ無し

アメリカ・ニューヨーク取引所(NYSE)の親会社ICEが設立した、新たな仮想通貨取引所「Bakkt」のCEOKelly Loeffler氏は8月21日、Bakktのビットコイン先物取引について、「一定の証拠金(マージン)を銀行に預けて為替取引をする「信用取引(マージントレーディング)」のようなサービスは提供しないと明言しました。

仮想通貨取引所Bakktを発表して約2週間が経過し、公式ブログにて同取引所の基盤について紹介しています。

まず、取引所の土台となる「法的承認された枠組み」について、以下の3点を重点的に進めているということです。

  • 一貫性のある規制構成
  • 透明性と効率の高い「価格発見(公正な価格形成機能)」
  • 機関投資向けの一元化した取引基盤

特に注目すべきところは、「価格発見」という、信頼が求められる通貨の価格構成です。

Leoffler氏によると、

価格発見に最も重要な要素は、現物引き渡しだ。

既存の現金決済先物取引所やレバレッジがかけられる仮想通貨取引所と区別し、市場の統合を確保するために、ビットコイン(BTC)の売買はすべて担保される現物によるものであり、ビットコイン先物契約で「信用取引」サービスは提供しない。

安全かつ規制されたカストディ・サービスの下で、機関投資家や個人投資家も仮想通貨市場に参加しやすくなる

と、説明されています。

「隠されたレバレッジ」は対応か

一方で、ウォール街のベテラン兼Wyoming Blockchain Coalition(Wyoming州でブロックチェーン技術を推進する団体)の共同創立者であるCaitlin Long氏は、自身のツイッターで、「隠されたレバレッジ」についてLoeffler氏は言及していないと指摘しました。

「隠されたレバレッジ」とは、機関投資家が顧客の預かり資金(BTC、現金、有価証券など)を運用することで、機関投資家間の賃借対照表に資金を充当、投資に用いるケースです。

Long氏は、このような投資手段は、ビットコインの有限供給量を不確かにしてしまう可能性が高いと危惧しています。

CoinPostの関連記事

ビットコイン暴落時こそ重要性を理解すべき、米NY「仮想通貨取引所Bakkt」の可能性
BakktのCEOに就任予定のICE取締役は、「機関投資家、企業、顧客がデジタルアセット投資参入の拡張性を持つ入口として、より高い効率性・安全性・実用性を推進する、画期的な取引所が構築される」と発言した。
今年最大とされるビットコインニュース「ICE」による影響|専門家の意見は?
米NY証券取引所を子会社に持つICEが、仮想通貨関連の新会社「Bakkt」を立ち上げると発表、スターバックスとの提携が注目を浴びているが、同社広報は、コーヒーをビットコインで購入するサービスではないと否定した。実際にこのニュースはどのような影響が考えられるのか?

NYSE Owner’s Bitcoin Market May Have ‘Hidden Leverage,’ Wall Street Vet Warns

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加