CoinPostで今最も読まれています

バイナンス、ビットコイン現物取引高の9割を占有=Arcane research

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「バイナンスは2022年の勝者」

暗号資産(仮想通貨)データ分析会社Arcane Researchは12月末、2022年の仮想通貨市場を総括するレポートを発表。バイナンスが明確な「勝者」として浮上したと分析している。

出典:Arcane Research

レポートによると、バイナンスは12月28日時点で、現物ビットコイン(BTC)の実質取引高の92%を占めていた。バイナンスは昨年夏に、ビットコイン現物(スポット)ペアの取引手数料を撤廃しており、このことが取引量増加につながったとみられる。

2022年1月時点では、取引高シェアは45%だったが、7月に急上昇した形だ。

Arcane Researchは、2023年にはバイナンスが、再び取引手数料を導入することで、市場の占有率は正常な数値に戻るのではないかと予測している。

バイナンスは、デリバティブ取引量のシェアも大きかった。12月28日時点でビットコインのデリバティブ取引量と、他の仮想通貨デリバティブ取引量の60%以上を占めていた。

また、Arcane Researchは、2022年の市場低迷で、競合他社が次々とリストラを行う中、バイナンスは積極的に雇用を進め、従業員数を倍増させたことも指摘している。

その他にバイナンスは昨年、企業買収も行った。11月には日本の取引所サクラエクスチェンジビットコインの買収を発表しており、日本市場に再参入していくことになる。また、インドネシアの大手仮想通貨取引所Tokocryptoを取得した。

関連世界最大の仮想通貨取引所バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを買収

デリバティブとは

英語表記は「派生」を意味する「derivative」。日本語では「金融派生商品」とも呼ばれる。代表的なデリバティブに先物取引、オプション取引、スワップ取引などがある。原資産の取引におけるリスクを軽減するために活用したり、単純に高い収益性を追求するために利用されている。

▶️仮想通貨用語集

Bernsteinの見解

バイナンスについては、金融リサーチ・仲介企業Bernsteinも1月2日のレポートで言及した。バイナンスの事業は安定しており、支払い能力と流動性があり、検証可能なコールドウォレットアドレスの残高が約7.3兆円(550億ドル)を超えているとも指摘している。

Bernsteinは、12月13日に、約7,900億円(60億ドル)の顧客資金がバイナンスから引き出されたことにも言及。それを問題なく処理したことからも、バイナンスは「出金テストにも合格」すると見解を述べた。

12月中旬には、ロイター通信がバイナンスについて報道。米司法省が、マネーロンダリングや制裁に関する法律違反の疑いで同取引所を告訴する可能性があるという内容だった。これを受けて、顧客資金の流出が一時的に増加した形だ。

関連バイナンスCZ氏「業界は今後数カ月間も困難な時期が継続」

Bernsteinは、バイナンスが規制上の問題に対処し、カストディやセキュリティのインフラに投資してきたとも続けた。

バイナンスの課題

Bernsteinは、バイナンスの課題についても説明している。まず、バイナンスは現在、ケイマン諸島を拠点とするオフショア持株会社を持っているが、これからは、短期的なビジネス上のメリットを犠牲にしても、「オンショア構造に向けた」措置を講じていく必要があるとする。

バイナンスは、規制回避のために拠点を不明確にしているという批判を受けて、現在は各国でライセンス登録を進めているところだ。これまでに、フランス、イタリア、スペイン、カナダなど14か国で事業登録している。

Bernsteinは二点目の課題として、大手の競合企業FTX破綻後、世界の仮想通貨取引においてバイナンスが独占的な地位にあることも指摘。これについては、バイナンスが改善できることは少ないが、ユーザーの方が、セルフカストディや分散型金融(DeFi)の取引プラットフォームなどで活動を多様化できると述べた。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア