CoinPostで今最も読まれています

【速報】QUOINEのLiquidプラットフォーム、ローンチ予定日が発表される

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Liquidプラットフォームローンチ日発表
8月24日、QUOINE社よりLiquidプラットフォームが来月9月4日メンテナンス終了次第ローンチされる事が発表された。以前、QUOINE社がICOを行った際に発行されたQASHトークンが同プラットフォームで使用される事から、QASHホルダーにとってはようやく待ち望んだローンチと言える。
Liquidプラットフォームの魅力に迫る
同プラットフォームは流動性の課題を解決する為に開発されたとのことだが、どのように流動性の課題を解決していくのか。LIQUIDプラットフォームの説明を当記事で行っている。

待望のLiquidプラットフォームのローンチ日が発表

8月24日、QUOINE社よりLiquidプラットフォームが、来月9月4日のシステムメンテナンス終了後にローンチされる事が発表されました

出典:QUOINE社

同プラットフォームのローンチにあたり、QUOINEXはLIQUIDに移行。現在QUOINEXに預けている資産、口座情報、IDとパスワードは自動的にLIQUIDに引き継がれるとの事。新機能として、当記事でも紹介しているマルチ・マーケット・オーダーの他、保有する仮想通貨を有償で貸し付けるレンディングサービス(予定)や、QASHユーティリティ(予定)などの追加も紹介されている。

同プラットフォームでは以前同社がICOを行い、発行した仮想通貨トークンQASHが利用できる事から、今回のローンチは待ち望んでいたQASHホルダーにとっては朗報だと言えるでしょう。

撮影:CoinPost編集部

先日開催されたメディア向け交流会では、QUOINE社のCEO栢森氏は「Liquidプラットフォームで流動性を提供し、顧客の仮想通貨取引をサポートしていきたい」と語っておりました。

仮想通貨の流動性の改善に向けた取り組みは、高ボラティリティと批判されやすい仮想通貨業界の改善の糸口となる事が期待されます。

では具体的に流動性の改善はどのようにして達成されるのか、Liquidプラットフォームの魅力に迫ります。

流動性が低いと何が問題なのか?

取引所において流動性が低いと売買が成立しない事や、価格変動が大きくなる傾向があり、特に大口の注文が入ると一気に価格が上がったり、下がったりして投資家の機会損失にも繋がります。小口投資家においても流動性が低いと買いたい値段、売りたい値段で取引ができなくなります。ビットコインの取引においては、ボラティリティが高いという指摘がされる事がありますが、一つの要因として流動性が挙げられ、流動性の向上はボラティリティの問題を解決する一つのカギとなっております。

Liquidプラットフォームの魅力

出典:QUOINE(ワールドブック)

Liquidプラットフォームは、世界中の取引所の注文、流動性を集約する取引プラットフォーム(ワールドブック)と、これに付帯する一連のサービス(プライム・ブローカレッジ)で構成されております。

Liquidプラットフォームの目玉機能は「マルチマーケットオーダーブック(MMO)」であり、以前ワールドブックβ版が始動した際の公式メールでMMOについて、

MMOは、我々が参照する様々な取引所における注文と価格を集約するワールドブックの一部分を構成します。 最終的に、MMOは世界中のトレーダーが自身の基軸通貨をベースに同じオーダーブックを見ることを可能にするエンジンになります。

と説明しております。

MMOのデモ映像

以前行われたMMOのデモンストレーションにおいて、MMO起動前では、ビットコインと日本円取引(BTC/JPY)のスプレッドが、約300円。ビットコインとシンガポールドル取引(BTC/SGD)のスプレッドが約2500円となっており、そのスプレッドの差は約10倍近くになっておりますしたが、MMOを起動させると….

出典:QUOINE公式動画 MMO起動前

出典:QUOINE公式動画 MMO起動後

37シンガポールドルだったスプレッドが→5シンガポールドル(約550円)に変化。

アンドレ氏は
日本円(BTC/JPY)の活発な流動性をシンガポールドル(BTC/SGD)の市場に反映させる事で、取引所の流動性が飛躍的に向上するだろうし、シンガポールドル(BTC/SGD)の注文を日本円(BTC/JPY)の取引板にも反映させる事で、日本円の市場もより流動性向上が期待でき、恩恵をもたらす事が期待できる

とMMOについて説明しており、動画のデモ映像を見る事でより理解を得る事ができるでしょう。

Liquidを支える三つのエンジン

さらに、ワールドブックやLiquidプラットフォームを支える3つのエンジンとして「①マッチング・エンジン(ME)」、「②クロスカレンシー換算エンジン(CCCE)」、「③スマート・オーダー・ルーティング(SOR)」があります。

1:マッチング・エンジン

マッチング・エンジン(ME)は、QUOINE社の数十年に及ぶ金融工学のノウハウを統合し、一から構築した、「秒間数百万件の取引」を処理可能な、業界最先端のマッチング・エンジンです。

MEは、多くの市場(クリプト・トークンの通貨ペア)をサポートし、かつ、主要な注文タイプをそのままサポートできるよう、きわめてスケーラブルな設計となっており、強力な注文管理システムも備えています。

これらすべての機能が、障害発生時の回復力と合わせて、ワールドブックのMEをマーケット最高水準のものとしています。

2:クロスカレンシー換算エンジン

クロスカレンシー換算エンジン技術は、自動的な通貨換算を可能にし、異なる通貨建ての取引をタイムラグなく行う事を可能にします。

現状の仮想通貨取引の課題として、異なる通貨建ての取引例えば一方がSGD、他方はUSD(アメリカドル)でビットコイン(BTC)取引を行う場合、マッチングを完了する為にはSGD/USDの為替換算を取引に加えなければなりませんが、クロスカレンシー換算エンジンによって、取引成立時点で自動的に為替レートが反映され、自動的に処理されます。また、その注文板における注文も為替レートを自動的に反映、絶えず調整、処理されます。

更に同エンジン技術の優れている点は、この為替レートの自動換算は法定通貨のみならず仮想通貨にも応用ができ、例えば通貨換算にETH/BTCを使う事により、ETH/SGDとBTC/SGD間の注文、レートの自動換算処理も可能にします。

さらには法定通貨の為替にも応用ができ、ETH/EURおよびBTC/SGDの通貨ペアなど異なる通貨ペア間でも取引を成立させることも可能となります(下図参照)。

出典:QUOINE(為替換算プロセス)

3:スマート・オーダー・ルーティング

スマート・オーダー・ルーティング技術は、世界中の取引所の注文板に注文があった場合、その注文がLiquidプラットフォームのワールドブック上に反映されます。ワールドブック上に注文を入れ、内部取引所でのマッチングが見つからない場合でも、外部の取引所の注文板にマッチした注文が見つかった場合は、その取引所の通貨建てで自動的に注文を転送する事ができます。

つまり、ワールドブックを利用する事で世界中の注文板がシェアされるような形となり流動性を飛躍的に高め、顧客の要望する注文の売買成立確率を更に高める事ができる事になります。

今後の展開

出典:QUOINE(ロードマップ)

Liquidプラットフォームだけでも非常に魅力的なプロダクトに映りますが、QUOINE社の描くロードマップを見ると、Liquidプラットフォームのローンチはまだ通過点にしか過ぎないと言えるでしょう。

QASHの発行、Liquidプラットフォーム、これら様々なQUOINE社の展開が今後数年に渡って有機的に結びついて、ユーザーに非常に魅力的なサービスが展開される事が期待できます。

仮想通貨業界は非常に短期的な高騰とブームを経験しましたが、発展のための開発には時間が必要であり、しっかり同社の展開を長い目で見守る必要があると言えます。

QUOINEXの口座開設

CoinPostの関連記事

リキッドDLTの大型構想と仮想通貨QASHの将来性を発表|QUOINE柏森氏
日本発の仮想通貨QASHとLIQUIDプラットフォームについて、QUOINEの柏森CEOが新たな発表を行なった。壮大な構想を持つリキッドDLTサービス展開やメインネット実装にも言及、ユーティリティトークンから純粋仮想通貨への移行を目指すとした。
国内大手の取引所QUOINEX「ビットコインFX」で本日ルール改訂、投資家の優位性が大幅増
国内大手の仮想通貨取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」が、本日レバレッジ取引ルールを改訂。投資家側の優位性が大幅に向上したことで、話題を呼んでいる。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
19:00
イーサリアムの買い方、取引所選びの完全ガイド
米国初のビットコインETF承認の影響でBTC価格が過去最高値を更新し、仮想通貨投資による資産運用の注目度が急上昇しています。本記事では初心者向けに高騰するイーサリアム(ETH)の買い方、アルトコイン投資のメリットやデメリット、リスクなどを解説しています。
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア