米取引所Bittrex:仮想通貨リップルとイーサリアムクラシックのドル建て取引可能に、資金流入に期待

アメリカの大手仮想通貨取引所「Bittrex」が、XRPとETCのドル建て取引を開始した。

これまでは、BTC建てでしか取引出来なかったが、法定通貨からの資金流入が増加することで、流動性の大幅向上を期待できる。

ドル建てで取引を行えるアカウントは、順次開放しており、現時点で「2018年8月1日」までにアカウントを作成したユーザーが対象になっているようだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

リップル社:XRP決済採用で、Bittrexを含む仮想通貨取引所大手3社と提携
Rippleはプレスリリースにて、仮想通貨XRPを使用する決済サービスxRapidで取引を行う”プリファードパートナー”として、仮想通貨取引所3社Bittrex(米ドル)、Bitso(メキシコペソ)、Coins.ph(フィリピンペソ)を承認した。
米大手取引所「Bittrex」が銀行と提携:仮想通貨市場の信頼性向上でメインストリームへ
米シアトルの大手仮想通貨取引所「Bittrex」が、米ニューヨークの「Signature Bank」と提携。一部の法人顧客に対し、法定通貨”米ドル”と仮想通貨の取引ペアを公開することを発表しました。提携などで仮想通貨業界の信頼性が高まることで、メインストリームへの普及に繋がっていくのではないかと期待されています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら